ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 南禅寺とは?


     

    JUGEMテーマ:京都

     

    今回、京都を取り上げて、約2週間。お付き合いしていただいて、本当にありがとうございました。今日は、その最後として、南禅寺を取り上げようと思います。なお、この後は、予定としてインタビューを年末から年始に向けて掲載する予定です。

    当ブログは、「和紙はお好き?」というショッピングサイトのブログですが、実は、商品の紹介よりも、色々な方のインタビュー、旅行、美術館巡り、グルメ、それと和紙の産地の紹介など、普段、簡単には接することができない日本の文化にハイライトを当てています。

     

    南禅寺は、京都五山、鎌倉五山の上におかれている別格の寺院です。臨済宗南禅寺派の大本山です。ちなみに、京都五山とは、一位から天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺という足利幕府が定めた禅寺のヒエルキです。一方、鎌倉五山は、一位から建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄明寺と、こちらは、鎌倉時代に北条時頼が臨済宗の中でヒエルキーをつけたものです。

     

    南禅寺を有名にしているのは、五山の上にある別格の寺院ということだけではなく、その雄大な山門、周りに点在する湯豆腐の店、疎水を運ぶ水路閣、そして哲学の道の起点(終点)ということではないでしょうか。

     


    巨大な山門は、上の階に人が登れます。観光客で賑わっています。

     

    一方、入り口は、割とおとなしい。

    Nanzenji Temple

    そして、広大な庭。

    なお、ここ南禅寺は、ワンコたちが入れます。

    実に、おおらかなお寺です。さすが、別格!

    ここの良さは、この広大な中央部分を歩いている限り、入場料が無いことです。

    塔頭については、全部が全部見れるわけではないですし、それなりに、入場料は払わないといけないようです。

     

    そして、昨日も紹介しましたが、敷地の右奥を通っている琵琶湖疎水の水路閣。

    琵琶湖疎水というのは良く耳にすることばですが、

    琵琶湖の水を京都に運ぶために、明治時代に行われた土木工事です。

    滋賀県大津で取水された水は、飲料水、水力発電、灌漑用水などとして使われ、

    以前は、船を通すほどであったそうです。

    水路閣の下は、映画やドラマの一風景としても良く使われています。

    この水路閣を南禅寺の敷地を通すことには、相当反対もあったとのこと。

    確かに、禅寺の敷地にはそぐわないものだったのでしょうが、

    できてから100年以上も経った現在では、逆に、趣きがあります。

    こういう新旧の共存というのが、京都という町の魅力の一つ。

    建てる時に猛反対の起こった京都タワーも、今では、町の風景に溶け込んでいるのかもしれません。

     

    さて、これで、今回の京都の特集は終わります。次回、京都に行くときは、市内だけでなく、

    もう少し足を広げて、普段行かない京都をカバーしてみようと思います。早くて、来年の4月ぐらいでしょうか。


    0

      京都 ] 冬の午後のひと時の京都御苑の木漏れ日、


      JUGEMテーマ:マルチーズ Maltese

       

      京都で、心おきなく犬の散歩ができるのは、

      京都御所がある御苑です。

      京都御苑

      うちのチャンプもシャロンも、それが分かるのか、

      御苑での散歩が一番喜びました。

      街中だと、割と狭い路地でも、車が入ってくるし、

      神社や寺院は入れるところが限られているし、

      それに比べると、殆ど、制限がなく、

      森もあるし、道は広いし、車は入ってこないし、

      平らだし、最高の環境です。

       

      広い砂利道も最高。

      とにかく、車が来ない。

      京都御苑

      御所の周りの森は最高。

      木漏れ日。

      京都御苑

      右に、左に走り回り。

      京都御苑

      さすがに、御所の中は入れないけれど、

      それも、全く気にならなかったです。

       

      平安京ができて以来、

      幾多の歴史の舞台となった京都御所。

      そう思いながらも、楽しませてもらった冬の午後でした。


      0

        京都 ] 茶寮宝泉は異空間


        JUGEMテーマ:京都

        旅行の楽しみは、平常ではできないことを体験することです。

        それは、食べ物であったり、イベント参加であったり、

        小さな贅沢や買い物、、、

         

        京都に行くと、必ず寄るのが、茶寮宝泉。

        下鴨本通りと、北大路通りの近く。

        京都には、こういう「ここは何だろうという」所が、

        普通の住宅地に普通に存在しているけれど、実際は、

        普通は入りづらい所が多い。しかし、

        この茶寮宝泉は、気軽に入れる。

        ちょっと、他所のうちに入っていく感じだが、

        入っても怖くない。それどころか、きれいな女性が案内してくれる。

        こんなところで何をするかっていうと、

        お茶を飲んだり、和菓子を食べたりするのです。

        和菓子は、もちろん季節によってちがいます。

        今回は、栗。

        下は、宝泉の庭。

        この庭を見ながら、座敷でお茶します。

        抹茶だけではなくて、煎茶もあります。

        中には、手紙を書いている人もいます。

        ここの良さはカメラでは伝えるのが難しい。

        案内されて、座って、そしてお茶を飲んでいると異空間に代わるのです。

        宝泉の庭

        ちなみに、夏の終わりに来た時には、冷たいお茶を入れてもらいました。


        0

          京都 ] 有喜屋でお蕎麦


           

          旅行している時に食べるお昼ご飯というのはなかなか難しいものがありますよね。

          その土地のものは食べたいけれど、

          お値段はあまり高くしたくないし、

          それでいて雰囲気が良い店がいい。

          ネットでの評判が高ければいいのだけれど、、、

           

          ところが、ネットで調べても分からなくなるだけ。

          居酒屋チェーンが並んでいたりして。

           

          三条辺りを歩いていて、迷った結果、入ったのが、

          京都文化博物館の一階に入っている有喜屋さんというお蕎麦屋さん。

          食べたのは、自分は天ぷらそば、連れは湯葉とじそば。

          どちらも上品な味です。

          有喜屋

          湯葉とじそばというのは、京都らしい。

          これが、それです。

          これは絶対関東では食べれないと思います。

          有喜屋

          京都文化博物館というのは、前から気になっていますが、

          今回も、入りませんでした。次回は必ず行きます。

          なお、文化博物館の一階には、素敵なお店がいくつか入っています。

          お土産や京都ならではのものを買うにはお奨めのお店が入っています。

          場所は、三条通りと高倉通が交わるところです。


          0

            京都 ] 京都で一番好きなお寺-金戒光明寺


            JUGEMテーマ:京都

             

            実は、京都で一番好きなお寺はと聞かれたら、僕は、金戒光明寺を挙げます。

            ”こんかいこうみょうじ”と読みます。

            別に、浄土宗という宗教的な背景があるわけではありません。

            単に、この寺の持つ独特の明るさが好きなのです。加えて、

            ここは、入場料も取らないし、商売っ気が全くないからです。

            少なくとも、旅行者からは、お金を取りません。

            同じ金がつく金閣寺とは、品格が違うと思います。

            金戒光明寺は本堂に入って、中で、一日寝転んでいても良いのです。

            この点では、鎌倉材木座にある光明寺も同じです。

            金戒光明寺

             

            金戒光明寺のHPによると

             宗旨/浄土宗
             開山・宗祖/法然上人(源空) (1133〜1212・鎌倉時代)
             唱える言葉/ 南無阿弥陀仏
             本尊/阿弥陀如来

             法然上人がはじめて草庵を営まれた地である。
             十五歳で比叡山に登られた上人が承安5年(1175年)四十三歳の時お念仏の教えを広めるために、

             山頂の石の上でお念仏をされた時、紫雲全山にみなぎり光明があたりを照らしたことから

             この地に草庵をむすばれた。これが浄土宗最初の寺院となった。

            と、書いてあります。

            (この画像はHPからお借りしました。)

             

            ここが有名なのは、もう一つ理由があります。

            幕末佐幕派の雄藩、京都守護職会津藩の本陣だったのです。

            そうです、会津藩肝いりの新撰組が産声を上げたところなのです。

            金戒光明寺

            山門を一番下から見たのがこの写真です。

            本堂は、この丘の上の頂上にあります。

            金戒光明寺

            今回、うちのワンコたちは、入場が禁じられていたので車の中で待機していました。

            金戒光明寺

            本堂のある一番上から見ると、京都の町が良く見えます。

            その街並みを、幕末の剣士たちも見ていたと思うと、

            ここには、特別な思いを寄せてしまいます。

            近藤勇も土方歳三もここから京都の街並みを見たのです。

            そういう歴史散歩が手軽にできるという点が、京都のすごいところなのでしょう。

             


            0

              京都 ] あこがれのうな重


              JUGEMテーマ:食べちゃいました・・・

               

              関西でウナ重を食べると、ごはんの中にもウナギが敷いてあるんだよ。

              そう聞いたのは何年前だったのだろう。

              しかし、未だにお目にかかったことはなかったのです。

              しかし、2017年、ついに出会ったのです。

              ウナギとご飯がサンドイッチ状態のうな重。

               

              今回、紹介するのは、滋賀県の大谷茶屋。

              滋賀県大津のうなぎ屋大谷茶屋

              見てください。この構え。

              入口の菊の鉢が印象的なのです。

              中は、民芸調です。そして、かば焼きのたれの匂いで満ちているのです。

               

              見てください。このメニュー。

              特上うな重。

              ”ごはんの中に二切れ入ります。”


              滋賀県大津のうなぎ屋 大谷茶屋

              そうか、僕は今まで、安いのしか見ていなかったんだ。

              特上、ここに鍵があったのですね。

              待つこと30分ほど。

               

              見てください。特上うな重。出来上がってきました。

              窓から差し込む日光がまぶしいのか?

              それとも、特上うな重とは、本来、まぶしいものなのか。

              滋賀県大津のうなぎ屋大谷茶屋

              そして、食べ始めたのです。

              がっついたのです。

              ご飯の中に入っているウナギ二切れを探して。

              滋賀県大津のうなぎ屋大谷茶屋

              いました。

              この写真では、良く分からないかもしれませんが、

              確かに、隠れていました。二切れのウナギは寝床で隠れて寝ていました。

              上のウナギを先に食べるべきなのか、それともご飯の中のウナギが先なのか?

              悩みました、0.5秒ほど。

              そして、上から先に召し上がってしまいました。

              多分、それがウナギを食べる関西のマナーなのだと思ったからです。

               

              ところで、関西では、関東と違って、ウナギは、蒸さないで、直接

              焼きなのですね。

              蒸してから焼く関東とは歯ざわりが違います。

              外側がパリッとしているのです。

               

              関西風だと、薄味かと思ったら、相当、たれは濃い味です。

              でも、それが、きっと癖になるのではないでしょうか。

               

              大谷茶屋:滋賀県大津市 大谷町20−20

                   077-522-1740 


              0

                京都 ] 日本の漫画の原点、初冬の高山寺を歩く


                JUGEMテーマ:京都

                 

                高山寺と聞いても、普通の人はピンとはこない。

                どこにあるの?何のお寺?

                しかし、あの鳥獣戯画のお寺と聞けば分かる人も多いのでは。

                (こちらのクリアフォルダーに興味のある方は、こちらへどうぞ。)

                http://www.doyoulikewashi.com/?pid=126310549

                 

                高山寺は、神護寺から更に山の奥に入っていく一本道。

                紅葉の季節は車と人で溢れかえるらしいが、

                人の列を見に行くより、少しだけ外れたこの季節の方が良いかも。

                確かに人は少ないし、観光バスもいない。

                初冬の京都、高山寺

                まだ、少しの紅葉が見えました(12月4日現在)

                しかし、殆どは葉が落ちて、

                これから来る本格的な冬を想像させてくれます。

                ちなみに、京都の冬は寒い。

                その京都の中でも、この高いところにあり、

                山間の村は、日当たりも良くないので寒い。

                初冬の京都、高山寺

                この高山寺も神護寺と同じくワンコを連れて歩けるお寺です。

                お寺というより、軽いハイキングに来たような感じのするところです。

                初冬の京都、高山寺

                例によって、我が家のチャンプとシャロンは大喜び。

                まさに鳥獣戯画の世界満喫です。

                「君たち、神護寺の坂で疲れなかったのかい?」

                初冬の京都、高山寺

                 

                初冬の京都、高山寺

                金堂に向かう最後の階段は急。

                高齢者は要注意です。

                ただ、神護寺よりは距離が短いので樂。

                初冬の京都、高山寺

                階段の上にある金堂は、質素なものでした。

                これが、この寺の良さかもしれない。

                初冬の京都、高山寺

                なお、今回は我が家の鳥獣と遊んでいたため、

                商品を販売している建物には、入れなかったです。

                実物は、4部に分かれている絵巻物で、東京国立博物館と京都国立博物館に寄託されているそうだ。

                猿、ウサギ、カエルなどを擬人化しているもので、

                ほとんどの人は、日本史の教科書などで見ているはず。

                作者は鳥羽僧正とも言われていますが、実際は良く分からないらしい。

                鎌倉時代のもので、日本の漫画の原点とも言われています。

                 

                「和紙はお好き?」で扱っている商品にも、鳥獣戯画のものはありますよ。

                それが、これです。

                クリアフォルダー。

                http://www.doyoulikewashi.com/?pid=126310549


                 

                 

                こんな物もあります。

                カートリッジの筆ペン。鳥獣戯画をあしらった箱に入っています。

                この商品に興味のある方はこちらからどうぞ。

                http://www.doyoulikewashi.com/?pid=126310937

                中は、こんな風になっています。

                鳥獣戯画の筆ペン

                 

                 

                 


                0

                  京都 ] きついきつい神護寺の坂


                  JUGEMテーマ:京都

                   

                  京都の記事を書いていると、和紙や和雑貨から、どんどん離れていくような気がする。

                  しかも、今回は、ワンコを連れての旅とプライベートも兼ねている。

                   

                  神護寺というのは、WIKIPEDIAによれば、

                   

                  京都市街の北西、高雄山の中腹に位置する山岳寺院で、紅葉の名所として知られる。

                  清滝川に架かる高雄橋から長い参道を歩いた先の山中に金堂、多宝塔、大師堂などの堂宇が建つ。

                  神護寺は空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺であり、

                  最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院である。”

                   

                  ここにある長い参道というのがこれである。

                  数年前に来た時は、もうこの坂を登ることは二度は無いと思っていたのだが、

                  犬が境内に入れる寺院は少ないので、ここ神護寺は貴重。

                  季節は、12月上旬は、温暖化の最近では紅葉の季節と聞いていたが、やはり初冬。

                  この坂を登るの?

                  やめときましょうと二匹で相談していましたが、

                  挑戦です。

                  それにしても、空海はなんでこんな辺鄙なところに建てたのでしょうか?

                  いや、最澄の建てた延暦寺よりは楽なのかもしれない。

                  最後の階段が一番きつい。ここまで、来ると、

                  神護寺の文字がくっきりと見えてくる。

                   

                  やっと上ったけれど、本当に、犬も入れるのか。

                  切符を渡してくれるおばさんが、建物の中はダメですれど、

                  境内はいいですよ。良かった。

                  金堂には入れません。

                  帰りは楽だな。下りは楽しい。

                  清滝川の反対では、山の中で焚火をしているみたい。

                  冬の臭いが満ち満ちている神護寺です。

                  そういえば、京都の街中には、外国人が満ち溢れている。

                  さすがに、ここ神護寺にはいないだろうと思ったのが甘かった。

                  最初に、うちのワンコたちの写真を撮っていたのは、上海から来ていた英語の上手な女の人。

                  そして、一番上の金堂から出てきたのは、台湾からの6人連れのグループ。

                  ここまで、真剣に旅をしている人たちには、共感すら感じる。

                   

                  ところで、神護寺で有名なのは、

                  国宝の本尊薬師如来立像。

                  今回は、ワンコ達を連れていたので、金堂の中には入れなかったので見ることができませんでした。。。残念。

                  黒く威厳に満ちた薬師如来

                  (画像は、京都に行ったら絶対に拝観したい仏像12選というサイトからお借りしました。)

                   

                   


                  0

                    京都 ] 京都で洋食、それなら”はふう”


                    JUGEMテーマ:京都

                     

                    京都に行くと必ずといっていいくらい寄るのが、洋食の”はふう”。

                    ”はふう”という一風変わった名前の由来は、

                    店の料理を敷く紙のマットに書かれている。

                    夜のコースは高いので、ランチはお奨めだが、

                    ランチは予約できない。

                    とりあえず、タンシチューのコースを紹介します。

                    まずは、アピタイザー。

                    そして、スープ、

                    この日は、キノコのクリームスープ。

                    シャキッとして美味しいサラダ。

                     

                    メインは、タンシチュー

                    ボリュームあります。

                    僕の死んだ爺さんが、当時では珍しくタンシチューが好きだった。

                    そのDNAのせいか、タンシチューを頼むことが多い。

                    京都洋食はふうのタンシチュー

                    関東では、滅多に食べれないビーフカツは、相方が頼んでいたので、

                    一切れ頂戴。

                    実は、関西を地盤にして育った我が祖父は、ビーフカツも好きだった。

                    京都洋食はふうのビーフカツ

                    そして、最後はデザートにコーヒー。

                    はふうのデザート

                    もちろん、全部が全部、最高ではないけれど、

                    メインディッシュとサラダは美味しいです。

                    値段は、タンシチューのコースは4800円。

                    ビーフカツは、和牛でなければ、同じく4800円。

                    ちょっと高いが、食べたくない料理が続くこともある懐石よりは、

                    お値段的にはずっとお得。

                    ランチはランチメニューが1000円以下で食べれます。

                    お店の雰囲気も調理場を見下ろすカウンター席がお奨め。

                    場所は、麩屋町上るというのかな?

                    京都御所から100メートルぐらい。

                    住宅街の中に、ひっそりとしている店です。


                    0

                      京都 ] 京都御所の近くで見つけたうどん屋さん「麺どころ 晃庵」


                      JUGEMテーマ:京都

                       

                      3カ月ぶりの京都。

                      今回は仕事とプライベートの両方。

                      今回は、お寺巡り、能楽鑑賞、京都の美味しい物、そして京都で見つける商品などを紹介していきます。

                      うちのワンコ達も連れてきているので、ワンコと行ける京都も紹介してみたいと思います。

                       

                      まずは、最初のお昼ご飯。

                       

                      京都御苑の西側で見つけた 「麺どころ 晃庵」といううどん屋さん。

                      京都のうどん屋さん 晃庵

                       

                      場所はブライトンホテルの近く。

                      御苑まで歩いて100メートルぐらい。

                       

                      まずは入り口。創作うどん。

                      うどん屋さん、晃庵

                       

                      なにやら美味しそう。

                      お見せに入ると、ほぼいっぱい。

                      それでも待つことはなかったです。

                      お客さんの流れが良くて、入ってくる人と食べ終わって出ていく人のバランスが良い。

                      サービスも良かったのが嬉しいです。

                      オーダーしたのは、本日の日替わり

                      「にしんの山かけうどん」

                      にしんのやまかけうどん

                      うどんは、同じ800円で大盛りにできるとのこと。

                      これは安い。

                      それに紫蘇のふりかけののったごはん、漬物。

                      にしんは、半身で乗っているのではなく、割れています。

                      これだけでは、糖質が多いかなと思って、

                      おばんざいの小品を頼みました。

                      だし巻き。

                      それと、茄子の忘れ煮と、汲み上げ湯葉。

                       

                      行き当たりばったりで入ったお店だったけれど、

                      美味しかった。御苑を訪れた時にはお奨めです。

                       

                      晃庵「御所店」

                      京都府京都市上京区元頂妙寺町307-3

                      地下鉄烏丸線の丸太町から歩いて5分だそうです。

                       

                       


                      top << | 1 2 3 4 | >> last

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      latest entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode