ウェブショップはこちら
0

    和紙と和雑貨 ] 心に残る型染紙


    JUGEMテーマ:俳句

     

    「和紙はお好き?」の仕事を立ち上げてから、半年余りたった頃、注文が一つ入ってきた。その注文というのは、型染紙の全紙を6枚、みな同じ柄でということだった。全紙というのは90センチx60センチの大きさ。一体、何に使うのだろうと不思議に思った。たまたま、依頼主様からの電話があり、全紙をB5サイズに切断して納入することはできないでしょうかとのお問い合わせだった。

     

    早速、生産者の方に聞いたり、近くの印刷屋さんに聞いたりしたのだが、切断するだけなのに、三千円−五千円前後の手数料を払っていただければやりますよ、との連れない返事。正確に切らないといけないので、それなりの設備がないとできないので、残念ですがと、依頼主様にお断りさせていただいた。その時に、気になっていた型染紙6枚の使いみちを失礼を重々知りながら、お訊ねしてみた。

     

    すると、お母様の俳句をまとめた句集を作るその表紙に型染紙を使われるとのこと。できた句集は、親戚や友人に配るというお返事だった。正直に言って、経験の浅い自分には、型染紙の使い方として、全く、想像していないものだった。

     

    注文された型染紙は、自分でも、最も気にいっていた「緑のやなぎ縞」という柄。明るい緑色に、やなぎ縞模様、ところどころに枝が分かれて、燕が飛んでいる柄である。こちらが、その柄である。実物は、写真よりも、もう少し明るい感じがする。

    型染紙

     この商品に興味のある方は、こちらからどうぞ。http://www.doyoulikewashi.com/?pid=114862168 

     

    どんな句集ができるのだろうかと、気にはなっていたのだが、時間の経過と共に忘れかけていた。今月は決算月で、今年の活動を見直ししている時に、この取引きのデータが出てきた。買っていただいてから10カ月もたった今更、連絡をしてもいいだろうかと迷いはしたが、重ねての失礼を承知の上で、メールを出させていただいた。「できあがった句集の写真をいただけないだろうか?」と、厚かましいお願いをしたところ、快諾していただいた。それどころか、実際の作品を貸してくださった。この三連休の合間の土曜日に配達されてきた。その作品がこれである。

    まず、題名が良い。くりやのひとりごと。お母様の主戦場の台所で、詠んでいた句が多いのだろうか。巻頭に、この句集を作った経緯が書かれている。「・・・そして、初心者マークの私も八十歳となりました。亡き義父も参加していたこの会の節目がわたしの節目と重なり、これもご縁かと、初心に帰り今までの投句をまとめてみました。。。。」

     

    長き夜や わが杖となる 句に遊ぶ 

     

    句集に集められた俳句を幾つか紹介してみたい。

    確かに、台所での句らしきものが多いが、決してそれだけではない。

    季節ごとに、ページが区切られている。

     

    炊きあげし 七草粥の 香りかな

       

    大小の 靴散らばるや ひな祭り

     

    ふきのとう 味の極みは 苦味かな

     

     

    更に、田園地帯での生活の風景や香りがぱっと燃え立ってくる句も続く。

     

    草取るや パッと目が合う 青蛙

     

    野菜苗 あれこれ植えし 夏に入る

     

    草刈りの 音載せくるや 朝の風

     

    梅干しの 仕上げに紫蘇の 紅をさし

     

    コンバイン 黄金の穂波 一気呑み

     

    むかご飯 昔を語る 夕餉かな

     

    秋深し 誰が作りし 柿のれん

     

    おでん鍋 子らの帰りを 待つ夕餉 

     

     

    最後のページは、

     

    涙あり 水に流すや 年忘れ

     

    更に、もう一冊、ご主人を追悼されている句集も送ってくださった。こちらの句集は、「偲び草」となっている。この句集は、紹介した「厨のひとりごと」と対をなす句集なのだろう。「厨のひとりごと」に出てくる句は、生活、農村での生活、生命、生きるということが主体になっている。そこに出てくる夫婦の姿は、酒を飲んだり、食したり、お孫さんが生まれたり、作者の80年の生き様が描かれていて、夫の死を感じさせるものはない。しかし、この「偲び草」は、50年来の伴侶パートナーを突然に失ったお母様の悲しみの句集である。正直に言って、この夫婦について全く知らない私でも、涙が自然と出てくる。最初の句で、ご主人様が突然死であったことがわかる。いつも通りの穏やかな日常が、この日を境にして切れてしまったようだ。

     

     

     

    まさかなり 夫(ひと)逝きたるや 春寒し

     三月二十五日、、、孫二人を誘い、夫お気に入りのうどん屋で食事。

     美味しかったねと午後一時帰宅

     穏やかなありふれた日常だったのに

     その後、しばらくして...

     

    雨降りて 花散りたるや 夫惜しむ

     

    この句集は、お借りしたもので、ページを折り曲げないように開いて、写真を撮らさせていただいた。そのために、角度や距離が違っていて、掲載した写真は見づらいかもしれない。しかし、使われている書体や、文章の区切りなど、実物を見ないと感じが伝わらないので、敢えて、画像で紹介させていただいた。

     

     

     

     

    この2冊の句集に集められた俳句を眺めていると、涙が自然に滲んでくる。自分としては、こういう風に商品が使われて、人様に配られて、残っていくことが、無性に嬉しい。何か、人様の役に立ったのだなと思う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    0

      和紙と和雑貨 ] 型染紙


      型染というのは、基本は、着物の京友禅の染色法である。

      これを、楮(こうぞ)和紙に応用したのが型染紙である。

       

      製法としては、模様の入った型(和紙)の上に糊を置いて、

      それを豆汁(ごじる)の入った顔料で染め上げていく。

      そして丁寧に水洗いをする。そうすると、鮮やかな

      模様が浮かび上がってくる。

       

      この工程を手作りでしていくわけである。

       

      出来上がりの色の鮮やかさも、暖かい手触りも素晴らしいものです。

      全紙(90cmx60cm)で、額に入れて部屋に飾ると雰囲気が一変します。

       

      型染紙 丸文崩し

       

      型染紙 花唐草

       

      型染紙 やなぎ縞


      0

        和紙と和雑貨 ] 和紙の箸置き


        あるお客様から、和紙で作った箸置きってどんなのがありますか?

        と、いうお訊ねがありました。

        あるのは、知っていたけれど、扱ったことがない。

        知り合いの和紙を扱っているお店に訊いたところ、

        いくつか提案をいただきました。

         

        楽紙館、箸置き


        0

          和紙と和雑貨 ] 新製品の紹介(三面写真立て)


          新しい商品を紹介します。
          三面写真立てですが、新しいデザインの型染紙が使われています。

          また、しかくい写真立ては、デザインも型染紙も新しいです。
          こういう風にして、新製品を出していくのは、スリルのあるものでしょうね。

           


          0

            和紙と和雑貨 ] 「和紙の特徴」


            和紙の本や記事を読むと、必ず出てくるのが、
            和紙は長い繊維でできているのが特徴、という。
            障子紙に確かに、長い繊維が透けて見えていたような記憶があるが、
            実際、どうなのだろう。と、いうわけで、透かして撮影してみました。 
            下の画像でみると、よくその長い繊維というのがわかります。


             


            0

              和紙と和雑貨 ] クリスマス模様の和紙


              あるお客様から、先日、お尋ねがあったのは、
              「クリスマス風の和紙ってあるのでしょうか?」 
              それで早速調べてみた。 
              まず、見つかったのが、色違いで、緑と赤。


               

              続きを読む >>

              top << | 1 | >> last

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << October 2018 >>

              latest entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode