ウェブショップはこちら
0

    当ブログについて ] 開国か鎖国か?日本の歴史。


    JUGEMテーマ:日記・一般

    日本の歴史というのは、開国と鎖国の繰り返しというのが持論。

     

    遣隋使を送った聖徳太子の時代からしばらく開国の時代だったが、

    推古天皇の時代は、白村江の戦いをする鎖国。

    奈良時代から、平安時代中期に遣唐使が廃止されるまでは、

    超開国の時代だった。

    それから、日本は、平清盛が宋との貿易で栄えるまで鎖国。

    そして、鎌倉時代後期から長い鎖国の時代。

    安土桃山で一気に開国に進んだが、ご存知のように、

    徳川幕府は270年も鎖国をしてしまった。。。

    明治維新は、文明開化、日本が西洋列強に負けないようにと開国に進む。

    しかし、昭和初期の第二次大戦で負けるまで、外国は敵。

     

    昭和20年に敗戦を迎えて、マッカーサーと共に、一気に開国せざるをえなかった。

    そして、そのまま、日本が国際社会の大切な一員として努力をしたが、

    どっこい、そうはさせないという尊王攘夷思想は、日本に残ってしまった。

    1990年のバブル崩壊とともに、日本は、内向きに向かった。

    そして、政治の主流を占めている勢力は、憲法改正を訴える。

    日本人は、憲法を自分で作るべきだという。

     

    さて、日本の鎖国の時代というのは、基本的に、戦争の時代。

    海外に戦争をしかけた時代もあれば、国内での戦国時代。

    唯一、江戸時代の鎖国は違って見えるが、国内に吹き荒れたのは農民への圧政。

    今の、北朝鮮の将軍様より酷かったのではないだろうか。

     

    一方、開国の時代というのは、明るさが満ちている。

    仏典を取り入れて、民を幸福にしようとした遣隋使、遣唐使。

    貴族政治に風穴を開けた平清盛、

    安土桃山は、ヨーロッパの科学、文明が雪崩をうって日本に入った時代だった。

    それと同じことが明治維新、太平洋戦争敗戦後の日本だった。

     

    さて、今、この現代はどちらなのだろう。

    私たちは、開国の中にいるのか、鎖国の始まりにいるのか?

    日本人の留学生は減少一途。英語力は、北朝鮮並み。

    一方、海外から日本を訪れた人は3000万人に迫っている。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode