ウェブショップはこちら
1

インタビュー ] 「能楽はマインドフルネス」  金春流シテ方山井綱雄師のインタビュー 第一篇 


今回、ご紹介するインタビューは金春流能楽師の山井綱雄さんです。

 

筆者は、今まで能楽とは全く無縁でした。昨年の11月に、横浜の久良岐(くらき)能舞台で、山井師にインタビューをさせていただきました。さらに、昨年の年の瀬もおし迫った29日にお会いして、じっくりとお話を聞いてきました。山井さんは、NHKの大河ドラマ「真田丸」や「江姫」などでの振り付けもされた方です。江姫のオープニングでの上野樹里さんが手を合わせて舞いをす終える振り付けといえば、覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

多分殆どの人は、普通、能楽を見たことは一回あるかないかでしょう。正直に言って、筆者もそうでした。能楽とは縁遠い生活を送ってきた人生でした。しかし、山井さんにお話を伺うと、能に抱いていた精神的なハードルを取り除いてくれました。今回、山井さんは、全く能楽に触れたことのない、所謂、初心者にも分かるように、説明していただきました。

山井綱雄

 

能楽は、マインドフルネス

 

人間には、人間らしく生きるために必要なものがあると思います。医療が発達して寿命が延びていますが、こころを見つめ直しリフレッシュさせることが、現代では、置き去りになってしまっています。

 

「高砂」という演目があるのですが、主人公は住吉大社の神様のことです。能楽の中でも古い様式のものです。高砂は、ストーリーやドラマ性を楽しむものではありません。しかし、見終わった後に、モヤモヤ悩んでいたことやストレスがスッキリし、心が洗われるような感覚を感じていただけます。

 

能にはそういう作用があります。それが、他の芸術との決定的な違いです。これは能のルーツが神様や仏様に捧げるものであったというところにリンクしています。もちろん、能は新興宗教ではありません。遙か古からの人々の祈り、シャーマニズム原始宗教から繋がっているというところで、結果としてそうなっているのだと思います。

 

亡くなられたアップルのスティーブ・ジョブズやフェースブックの創始者のザッカーバーグは、日頃から座禅を組み瞑想をしている、というのは有名な話です。それは人間にとって、人間らしくいるために必要な時間だと彼らが認識していることに他なりません。今、世界の脳神経外科では、そうすることをマインドフルネスと言うそうです。能は、マインドフルネスを体験できる演劇なのです。

 

しばらく前に、NHKを見ていた時、日本の脳神経外科の第一人者の教授が、「公園などを散歩して、難しいことなど考えずに、景色を楽しみ、風や空の美しさを感じるだけで、それで十分マインドフルネスなのです。」と、仰っていました。その番組の最後に、その先生が、「日本には昔からマインドフルネスが存在していました。能やお茶など、あれはまさにマインドフルネスです。しかし現代の日本人はそういう事を忘れてしまっているのです。」と話されました。わたしは「やっぱりな」と、手をたたいて納得しました。能を知らない方が、たとえ舞台でやっていることが、全て理解できなくても、見終わった後に、なんとなく心がスッキリする・・・能にはそういった心を浄化する作用があります。

 

 

能は周りに迷惑をかけなければ、居眠りしても良い

 

そもそも能は眠くなるようにできています。夢現(うつつ)の世界を具現化していて、一種の催眠状態にするため、笛も地謡というコーラス隊も耳に聞こえない音をたくさん出している、と解明されています。出演している人もアルファ波が出てトランス状態になり、そういうのが客席にも伝わり眠くなります。実は舞台で、後見の人や地謡(コーラス)をしている人も眠くなります。眠くなってはいけない、ということはありません。

 

ある観客の方は、居眠りをしながらふと目を開けた時に、「ああ、能をやっているな」と舞台を見て、夢うつつを味わいながら、こっくりこっくりするのが至福の時間だと言われます。また、あるお客様によると、「不眠症の方は能を見ると一発で効く、よく眠れる。」と言います。「能楽堂に寝に行きましょう」などと言って、他の方を誘ってくださる方も実際にいます(笑)。必ず最後まで起きて見なければならない、というのは現代人の考え方です。ひとつの瞑想状態で、普段とは違う波動や空間に身を置くことができます。まさに能は異空間なのです。

 

 

能は「間」の芸術です

 

その異空間というのがお茶室にもつながります。お茶、能、禅、この3つは中世の時代に、密接に関わっており、その根本精神は一緒です。その根底の概念には、そういった「目にみえない何か」というものに、日本人のこころが存在しています。「目に見えない何か」というものに対して畏敬の念を持ち、「目に見えない何か」が大切だ、と考える感覚です。それが、「間」と言われています。まさに能は「間」の芸術です。「間」が抜けると“間抜け”なのです。「間」は何も無いのだけれど、決して無いわけではなく、そこに大きな意味があります。能の音楽では、音を出していない無声、無音の瞬間、空間である「間」を大切にしています。

 

日本の古典文化にも言えることですが、能の舞台では余白を大事にします。シテ(主役)、ワキ(脇役)、囃子方(笛、小鼓、大鼓、太鼓)がいてあとは何もありません。例えば雪が降ってきた、という設定でも雪は降らせませんし、赤々と山が夕日に染まるシーンでも、赤い照明を使うこともありません。シテが、舞台にポツンといて、周りに余白がたくさんあります。そこから先は見ている人の「想像力」が大切なのです。

 

このことを私は、よく絵画に例えます。西洋画は写真のように写実的でカラフルであるのに対し、水墨画は墨で書かれていて何もない空間があります。それは書も同じで、墨の濃淡と余白があります。その余白を大事にしています。そこは見ている人の想像力で埋めることによって、いかようにも見ることも描くこともできます。つまり、いかようにも解釈して良い余地を残しています。能もそうなのです。何もない部分は、見ている人の想像力で埋めてもらい、どう解釈していただいても構いません、という余白をわざと残しているのです。

 

例えば、能の「羽衣」という演目を鑑賞いただき、「三保の松原の景色はどんなでしたか?その絵を描いてください」と言うと、当然人によって違う絵が出来上がります。能はそれで構わないと思うのです。全てが正解なのです。また同じ羽衣を見るにしても、5年後、10年後、30年後・・・と見る方の年代、年齢、人生経験でも捉え方が違ってきます。それで良いのです。しかし、歌舞伎や現代劇ですと海岸、空、山、それらの色、形、全てが舞台装置や照明などで指定されています。

 

 

能舞台こそが異空間

 

能の舞台というのは、今でいうスピリチュアルな世界です。お正月だと上方に「しめ縄」を張ったりします。「結界」であるという意識の表れです。能の舞台に上がるには、必ず足袋を履かなくてはいけません。能の舞台の四本柱は、ただ単に屋根を支えるためでなくて、異質な世界、客席からは立ち入れない世界であることを区別するためにあるのです。

金剛流能楽堂

(能舞台は全て、四本の柱で囲まれている。)

 

五色の幕は、一説には陰陽五行からきていると言われています。「木火土金水」です。あの五色の幕の向こうにある異次元の世界から、シテ(主役)は橋を渡ってきます。長い花道のような廊下は、「橋掛り(はしがかり)」といいます。古い能では、舞台から、五色の幕に向かって、少し傾斜しています。黄泉の国といいますか、異界を表しているのです。「能面」という仮面をつけているのは人間ではないものを表しています。能が表現しているのは、人間ではない異次元の世界なのです。

 

久良岐能舞台

(久良岐能舞台の橋掛り)

 

ところで、余談になりますが、五色の幕の裏には、「鏡の間」という部屋があって、シテはそこで精神集中します。「鏡の間」には巨大な三面鏡があります。その前に座れるのは能のシテだけです。その鏡の前で、役を憑依させるのです。昔は、家元というリーダーだけがシテをやることになっていました。シテが舞台に出る時は、周りの能楽師は正座して送り出します。又、シテが戻ってくる時は後見が平伏して迎えます。しかし、現代では、経験の少ない若手でも、シテをやることがあります。そんな場合でも、全員、家元も長老も、正座して送り出し、そして出迎えます。能におけるシテというのは、そういう特別な存在なのです。

 

能舞台は、正式には北向きに建てられています。神様が北に存在していて、南を向いていらっしゃる、という考え方です。また、神様は目の前ではなく、正面席のお客さんの後ろのほう、にいてご覧になられているという考え方もあります。中世の時代になると、足利義満以降の天下人は、能を、権威付けに使っていたと言われています。

 

豊臣秀吉や徳川家康など以降の将軍や大名たちは、能舞台正面の後ろに鎮座して能を見物していました。特に秀吉は天下人になり、自ら能のシテを勤めてたりして、能を権威付けに利用したと言われています。

 

第一編は、ここまでです。第二編では、経験のない人が能を見るにはどうしたら良いのか、そして、能を習うにはどうすれば良いのかを聞いてみました。第二篇は、一週間後にリリースします。

 

JUGEMテーマ:能楽

JUGEMテーマ:日記・一般

 


コメント
お久しぶりです。今回の能(脳)の話はとても分かりすく
興味深い話で一気に読み通しました。早速(脳)などと私の能の理解の一面を書きましたがふざけているわけではなく”見えないけれどあるんだよ”の世界と思えば十分わかります。現代の現実世界では異次元の世界または宗教の世界と区分されるものでしょうか。
この2~3年の間に色々なこと(近親者の相次ぐ死、自身の臨死体験らしきもの)また初めての大手術と最近の回復などをへての現在の立ち位置を整理すると、別次元の存在を”感じる”ようになったと言いましょうか。
これはまた”色即是空”の世界ともいえる様な気がします。ちなみに「般若心経」を年末までに暗記するを目標として現在は5分1程度ほぼ暗記しました。
 話が段々本題から離れていくようですのでこの辺にで止め能の話の後編を期待していること伝えて閉じます。
  • T.nagasawa
  • 2018/04/05 8:59 AM
T.nagasawaさん、お久しぶりです。又、貴重なコメントありがとうございます。異次元の世界に近いところでの体験、大変でしたね。般若心経を暗記されているのですか?写経されると、覚えるのも早くなると思います。うちの家内は、シャンソンの歌詞を覚えるのに、書いて覚えています。その時間を写経と言っています。

今回は、4部作になる予定です。もうしばらくしてから、第二篇を発表します。普段、聞くことのできない話なので、面白いと思いますので、期待されていてください。
  • ヨッシー
  • 2018/04/05 9:16 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

latest entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode