ウェブショップはこちら
0

    インタビュー ] ”能楽を習うにはどうすればいい?” 金春流シテ方山井綱雄師 インタビュー第二篇


    "能楽を初心者が見るには、何を見たら良いのでしょう?"

     

    よくお正月に上演され、私が属している金春流(こんぱるりゅう)が約1400年前から演じてきた演目に、「翁(おきな)」というものがあります。エンターテイメント性はなく、純粋な「天下泰平」・「国土安穏」への祈りです。現代でもこんな世界があるのです。 

     

    翁の役を演じる人間は、精進潔斎をして当日舞台に挑みます。幕の裏側に鏡の間という部屋があり、そこに神式の翁飾りという神棚を作ります。そこにお供えをし、開演前に、総勢30名ほどの全出演者が集まり、お神酒、生米、塩を供し、火打をします。それを、今でもお客さんの見えない鏡の間でしています。厳粛に必ずやっています。舞台上で神になるということから、シテは能面を舞台上でつけ、終わると神が融けるということで舞台上にて外します。

     

    翁は唯一人、お客様に平伏します。初めに翁が出てきて、その後に全出演者が一列に並び続くという「翁渡り」というものをします。翁渡りは、お客様にではなく、舞台の正面にいると考えられている神様に礼をしているのです。ここでいう神様というのは、特定の神様を指しているのではありません。

     

    能の表わしている世界は、現代でいうスピリチュアルな世界です。演目によっては、恐ろしい鬼も出てくるので、ホラーのような側面もあります。しかし、現代に比べると昔は今よりも「死」といものがもっと身近なものだったので、スピリチュアルなほうにもっと近かったはずです。現代は、「死」が身近ではない世界になりましたが、昔はいつ死んでもおかしくない、という時代でした。だからこそ、その死の先に何があるのだろう、と考えざるをえなかったのだと思います。能はそういう「あの世」のことを表現しています。ですから、単なるエンターテイメントではないのです。

     

    能の羽衣

    (画像は山井さんの羽衣)

     

    初心者の方や、能を知らない方が、ストーリー性を楽しむには、「船弁慶」と「黒塚」(観世流では「安達原」)がお奨めです。それと、わたしが一番好きなのは「羽衣」です。船弁慶だけは1時間20分ほどかかります。黒塚、羽衣は大体1時間の演目です。オリンピックが近づいてきているので、子供向けや若い学生さん向けに公演をしてほしい、というご依頼が増えています。そういった子供や若い人向けに演じる場合は、これら3つのうちどれかをやることが多いです。それと、もう一つ、「土蜘」(観世流では「土蜘蛛」)という演目があります。これは歌舞伎にもなっていますが、能が基になっています。これら4つは能を初めて見る方が見ても面白くご覧いただけで、初心者向けです。

     

     

    ”能を習うにはどうすれば良いのですか?経験のない人が、実際に、自分が舞ってみたい、謡ってみたいと思ったら、どうしたら良いですか?”

     

    各能楽師のHPがありますから、そういうところに問い合わせをしていただくとか、SNSも今は発達しています。一番高い方の月謝で2万円ほど。あとは1万五千円、1万円など。流派や能楽師によってまちまちだと思います。

     

    回数でいうと、わたしの場合は月二回のレッスンですが、月3回や4回などこれも流派や能楽師によってまちまちで、一概には言えません。レッスンの内容はわたしの場合、個人レッスンで一人20分。舞は3〜5分くらいの短編の舞を、初歩の初歩から、少しずつグレードを上げていきます。個人の課題曲は人それぞれ違います。舞について稽古をして、そして、謡(うたい)も稽古します。舞と謡では、能は謡のほうが難しいと思います。比較的、男性が謡を好み、女性は舞の稽古を好む傾向があります。

     

    私は、東京都内(赤坂、新橋等の港区内)、門前仲町、横浜、地方では千葉県銚子市、福島県いわき市、埼玉県小川町に教室があります。さらに、東京の青山一丁目のNHK文化センターに初心者講座を、大人の休日倶楽部に座学の講座を、地元の横浜久良岐能舞台にて、教室を開催しています。どうぞ、ご興味がありましたら、お気軽に見学にいらしてください。

     

    (ちなみにこちらが山井さんのHPhttps://ameblo.jp/yamaitsunao/)(また、アメブロ、フェイスブック、ツイッターもあります。)

     

    久良岐能舞台での練習

    (久良岐能舞台での夕方の練習風景)

     

    最初始めるには、なかなか敷居が高いという方には、カルチャースクールやカルチャーセンターという選択肢もあります。カルチュアスクールでも、最近は能の稽古をしているので、良いかもしれません。わたしも青山一丁目のNHK文化センターの青山本校で、月一回木曜日の夜に教えています。半年、続けていただければ、能が面白くなってくると思います。

    久良岐能舞台での練習

    (久良岐能舞台での1対1の練習風景)

     

    又、能の構えやすり足は体幹トレーニングにもなり、インナーマッスルも鍛えられるため健康に良いです。なぜ能楽師が長寿かというと、すり足によって足腰が鍛えられてインナーマッスルや体幹が強いからです。

     

    能の腰を入れる所作は、どうやって稽古するのか?人によっては、筋トレをされている人もいますが、自分は、普段の稽古が大事と思っています。能の稽古をすれば、体幹とインナーマッスルが鍛えられて、能の腰になってくるのです。能の構えはスキーを滑っている時と同じです。アマチュアの方やワークショップでも、スキーを滑る時に例えてお話しすると、とても良く理解してくださいます。

      

    能楽師が70歳80歳になっても、10キロ近い装束を着て、視野が殆どない能面を付けて、1時間半も舞台の上で舞い続けることができるのは、能の摺り足で足腰や体感が鍛えられているからなのです。

    能の摺り足

    (能の摺り足)

    カルチャーセンターのレッスンは場所や流派にもよりますが、一例としては、6000円ほどで、わたしは、地元横浜の久良岐能舞台でも講座があり、グループレッスンも開いています。久良岐能舞台は、横浜の上大岡から行きます。とてもお庭が素敵で、静かで風情があり、一度いらしていただくと分かりますが、能の歴史的な深さを体験できる場所です。ぜひ気軽にお出かけいただければと思います。

     

    山井綱雄

    (インタビュー風景、実に優しい笑顔で、山井さんに習うのは怖くなさそう。)

     

    道具としては、装束、面、扇、足袋があります。普段のお稽古の時は、洋服で扇と白足袋だけです。最初から特別しつらえる、ということはありません。中には発表会にむけて、着物を買われるかたもいらっしゃいますが、お持ちでない方にはお貸ししています。最初はできる範囲で続けていただくことが大切です。

     

    舞を舞うことも謡を謡って声を出すことも、どちらも、ストレス発散になります。マイクを使わないので、お腹から声を出し、地声をどう響かせるかというところから始まります。それこそが、能が能であるために、大事なところなのです。いくら音声技術が発達しても、空気がピンと張り詰めることは、テレビの画面ではなかなか伝えることができません。しかし、その能の伝わりにくい部分にこそ意味があり、だからライブで、生で観て、聴いていただくと、良さを一回で理解して頂けると思います。

     

    能は、わが国の最高権力者たちによって愛好されてきました。ですので、能は、趣味の中では最高ステータスです。趣味のステータスとしては能以上のものは無いと言えます。昔は将軍、大名からはじまり、特権階級の方々にしか愛好されていませんでした。今では、どなたでも気軽に能を嗜んでいただけます。それはごく最近になってからなのです。

    真田丸

    (NHK大河ドラマ真田丸でのシーン)

     

    ”初めてやろうと思っている人間には、能の五流派というのが分かりづらいのですが?”

     

    能楽には5つの流派があります。一番所帯が大きいのが、観世流(かんぜ流)。そして、一番新しいのが、江戸時代にできた喜多流(きた流)、それでも400年になります。そして、金春流(こんぱる流)、宝生流(ほうしょう流)に金剛流(こんごう流)があります。観世流、宝生流、金剛流は、室町時代の観阿弥・世阿弥父子の時代の頃が起点になっています。

     

    一方、私の属している金春流は、飛鳥時代に遡ります。聖徳太子の後見人といわれた、「秦河勝(はだのこうかつ)」という渡来人を始祖としています。ですから、金春流は、歴史的にみると一番古くからある流派です。現在の我が宗家の金春憲和師は81代目を数えます。他の流派のご宗家が20−26代であるのに比べてみても、金春流の歴史の長さを感じていただけると思います。

     

    わりと、皆さんから勘違いされているのは、能楽は世阿弥がゼロから創作したものではありません。彼は、様々な先行芸能をミックスしてオーガナイズしたのです。能はある意味ハイブリッドな芸能なのです。そんな中で、金春流は、古来からの宗教的アトラクションをしていた流派です。所謂、自然崇拝、シャーマニズムです。他の流派と違って、金春流は、現在でも奈良を拠点にしています。1000年前より、春日大社で神事の舞を、今現在でも奉納しています。能舞台の背景の松の絵は、春日大社の一の鳥居横にある「影向(ようごう)の松をモデルしたと考えられています

     

    流派によって何が異なるのかというと、舞方と謡(うたい)の節のメロディーが流派によって異なります。よく見慣れている方なら見比べて、その違いを認識できるかもしれませんね。具体的には、基本形はありますが、動き方が全然違います。

     

    観世流と宝生流は少し似ています。また金春流と観世流とは全く違う動き方をします。台詞が流派によって違うということもありえますが、台本の本文自体は8〜9割がほとんど共通のものです。メロディー、つまり謡の節が違います。

     

    それぞれの流派によって、特徴やアイデンティティがあるので、それが時代を経て特色として出てきているのだと思います。金春流は野外で行っていた歴史が長いので、昔ながらで、古式を重んじて型を大きく扱います。手を大きく広げて、オーバーアクションで、声も大きく出します。やはりそれらは野外でしていた歴史が長かったことが根底にあるように思います。そして、ほかの流派は、中世の時代に京都に早くから進出していき、都会に出ることでモダンな洗練された芸風になりましたが、金春流は、京都で上演することはもちろんありましたが本拠地は奈良のままでしたので芸風が素朴だとも評されます。

     

    具体的に言うと、写実的な型をすることがあります。「鉄輪(かなわ)」という演目があり、先妻の女が、自分を捨てて後妻をとった夫を呪うという曲で、その中で女の怒りのスイッチが入った時に、装束の裾を捲り上げる型があります。それは、かなり写実的な所作です。

     

    “金春流には、どういう経緯で入られたのですか?”

     

    私の母方の祖父は、金春流の能楽師でした。梅村平史朗といいます。私は外孫です。私には兄が二人いますが、能はやっていません。母の兄、つまり伯父の一家も能をやらなかったです。昭和の高度成長期は、欧米化が盛んに叫ばれ、日本の伝統文化は否定され、嗜好される時代ではなかったのでしょう。

     

    小さい頃、祖父の家に遊びに行ったときに能面図鑑を見ていたんです。それに気づいた祖父が、綱雄は、能に興味があるようだと言っていたそうです。そのころ祖父は、病気だったので、私は病床の祖父しか知らず、祖父の舞台を見たことがありません。私の初舞台の三か月後に、祖父は亡くなりました。祖父の芸は、祖父の高弟であった女性能楽師のパイオニア、富山禮子先生に教えていただきました。

     

    小学校6年生の時、祖父の7回忌追善能の舞台で初めて、シテを勤めました。演目は「経政」でした。その時に、能楽師になるんだと決意したことを覚えています。その後、私は金春流79世宗家金春信高先生に師事しました。小学5年生の時に、直弟子になって以来、信高先生より手取り足取り「金春宗家」の芸をご伝授頂きました。

     

    第二編は、ここまでです。能には、興味があるけれど、どういう風にしたら良いか分からない。いや、この記事を読むまでは、能を習うなど考えたこともない人のためのガイドとなるような記事になれば良いと思います。第三編では、その山井さんが「一番感動した」のは、という話です。この話をしていただいた時、約一時間ぐらい、その話に聞き入ってしまいました。


     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode