ウェブショップはこちら
0

    インタビュー ] 生涯で一番心に残る演目は? 金春流シテ方山井綱雄師に聞いてみました。


    JUGEMテーマ:能楽

     

    ”金春流79世宗家金春信高先生が77歳の時に、「関寺小町」を舞われました。これが、私の一番心に残る演目です。人間が人間を具現化するという芸術の中で、能楽以上のものはない、と確信しました。”

     

    能楽という芸術は、奥深さという点では世界屈指です。決して他がダメだという意味ではありませんが、わたしは、能楽は世界最高の芸術だと、よく言っています。森羅万象、閻魔大王から草木の精霊や蝶々まで、老若男女あらゆる役が出てきます。人間の喜怒哀楽も表現しつくしていると言われています。

     

    その能の最終境地が老女を演じること、だと言われています。金春流では、「関寺小町」という演目があり、一子相伝で家元しかできません。ちょうど20年前、わたしの能楽の父であり恩師である、金春流79世宗家金春信高先生が77歳の時に、その関寺小町を舞われました。これが、私の一番心に残る演目でした。

     

    先生は、当初は、関寺小町を舞わないと仰っていましたが、先生のお父様78世金春八条先生が舞われてから、すでに30年以上も経っており、他に誰もできないため、周りから懇願されたそうです。

     

    その時に、信高先生が個人的にわたしに、「自分は関寺小町を舞う決意をした。一年間全ての弟子の稽古、全ての舞台を休んで、関寺小町だけに集中したい。だから君の稽古も休ませて欲しい。」 そういう風におっしゃいました。わたしも、「ぜひ、集中なさってください」と申し上げました。そして当日は観客席の一番前で見よう、などと思っていたのですが、本当に驚いたのは、弱冠24歳の駆け出しのわたしが、8人の地謡のキャストの一人に選ばれていたのです。能楽最高の曲なので、本来はこんな若造が入れるわけもなく、もっと相応しい先輩方がいたのも事実です。しかし信高先生のご意志もあったおかげで、地謡に入れていただく事ができました。

     

    通常の能は特にリハーサルもなく(必要なときは一度だけやり)、本番をむかえます。しかし、この時ばかりは、みんなで集まって全体稽古を、何回かしました。わたしがさせて頂いた地謡を謡うのは、当然難しかったのですが、とにかく、何に一番驚いたかというと、信高先生が演じられたシテ(主役)の、100歳になった小野小町の役の難易度でした。100歳になった小野小町が七夕の夜に舞を舞うというシンプルなストーリーです。しかし当時24歳のわたしは生意気ながら、先生の稽古風景を拝見した時に、あまりにもその主役小野小町役の謡や型が簡単すぎたので、「何が一子相伝なのだ、何で一年もかけるのだ」と、理解に苦しみました。

     

    100歳の小野小町の役は杖をつき、謡の節もシンプルで簡単だし、動きも簡単簡素だったのです。何が難しいのか、全く理解できませんでした。自分だったら一週間で出来てしまう、とも思っていました。しかし、稽古を重ねていくうちに、能楽の本質というものが見えてきました。確かに、能楽には美しく見せるための技術、というものが存在しますが、最終的にはそういった技などを超越した世界になっていきます。だからこそ、100歳の小野小町という設定にする意味があったのだ、と気づきました。

     

    能では、あの世の世界の人、つまり幽霊や、超人的な力をもった神様などをも演じますが、それはある意味で簡単なことなのです。あの世の世界の人なので。中世の時代を考えると、100歳というのは、今の感覚でいうと200歳くらいに相当するのではないでしょうか。しかしそれも人間なのです。

     

    関寺小町の物語は、あの小野小町が100歳になって、ぼろぼろな姿で一人寂しくあばら家に住んでいる。和歌に詳しく文才のある老女が近所にいる、と聞いた関寺のお坊さんが、そこへ稚児を連れて七夕の日に訪れる。そして色々話しているうちに、そのお婆さんが小野小町だということが分かる。それが小野小町の成れの果ての姿だと知るわけです。稚児が舞を舞いだすと、その若さにつられて、杖をつきながらよろよろと昔を思い出しながら、七夕の夜に舞う。というものです。

     

    100歳の小野小町は美貌も金もなく、何が残っているのかというと、若かった頃と変わらぬ『魂』です。能の最終地点は、死が目前に迫ってきている人間の集大成である生き様、心や魂を、舞台上で表すことなのです。そうなると、かえって技などは邪魔になってしまい、テクニックを使って美しく上手に見せることが、一切必要ではなくなります。

     

    能楽の中で私の年代の40代という年代は、技術を追い求める世代です。その先の50、60歳が本当の役者のピークだと言われており、40代以降は、段々と身につけてきた物を、今度は捨てていく作業になります。そのような事を、関寺小町の稽古の最後の最後のほうに悟ることができました。「そうか技ではないのだ、『心』なのだ」と。関寺小町は一時間半の演目で、シテは真ん中にただ座ったままで存在しつづけ、最後の最後に舞を舞います。

     

    本当はやってはいけないのですが、ふと本番中に小野小町に目がいった時、その姿に本当に吸い込まれました。金春信高先生の77歳の人生がそこに凝縮されている、とも感じました。信高先生はとてもご苦労をなさった方で、それまで、紆余曲折のある人生を経験された方でした。その舞台で信高先生には「何かすごい物を見せてやろう、がんばって何かをやり遂げてやろう、生き様を見せてやろう」などという思いは決してありませんでした。とても謙虚なお姿でした。家元の家で生まれ77歳まで能楽を精進しつづけ、こうして関寺小町を周りの弟子やたくさんの方の協力の上で勤めることができた、という感謝しかありませんでした。ご本人は淡々とやり、しかしながらその一挙手一投足が筆舌に尽くしがたくすごかったのです。それを見た時に、これが能楽の最高の世界だと思いました。まだこれから40年はわたしも能楽をしていくと思いますが、完全にあの舞台が人生で最高の能楽の舞台だと言い切れます。

     

    ところが、信高先生は小野小町の姿で、その能関寺小町の終盤に、何と倒れてしまいました。能では地謡は決して何があっても途中で止めてはいけないという掟があります。ですので、先生が、目の前で倒れられているにも関わらず、囃子も地謡もそのまま止めずに続けました。そして後見というシテを手助けする黒子が慌てて飛んできて、信高先生を起こしました。信高先生は、それでも何とかして、杖をついて舞おうとするのですが、再度、倒れてしまいました。それなのに、また起き上がろうとする、という姿に国立能楽堂の満席のお客さまたちは、それが演出なのかどうか呆気にとられ、やがて、そうではないと悟り、客席中がすすり泣きの声が響きわたりました。「このままでは先生が死んでしまう!助けなければ!」と思うのですが、謡も止めることができません。

     

    合計3回先生は倒れられ、それでも立ち上がり舞おうとしていました。続行不可能ですが能は続けなければならず、家元のご親戚の主後見の金春晃實(てるちか)先生が、裃の衣装のままで代役をつとめました。後日、信高先生にお話を伺うと、意識が全くなく覚えていないと言っていました。最後、先生は囃子方の後ろにおられ、その代役の晃實先生の舞が終わると、別の側近の弟子が手を添えて、橋掛かりを歩いて帰っていきました。

     

    先生が弟子に手を添えられて橋掛かりを帰っていく後ろ姿も、一生忘れられません。あれこそ、金春信高という人が歩んできた人生そのものなのだ、と。どんなに後見に止められようが、倒れても倒れても舞続けようとした姿・・・どんなに苦しいことがあっても、明治維新以降、苦労と苦境の連続だった金春流復活の為、奔走し歩んで来られた金春信高先生の壮絶な「生きざま」を物語っているのだ、と思いました。

     

    公演後、控え室に何人もの「自分は医者です」と名乗る方がみえ、翌日先生は病院へ行き、精密検査も受けられましたが、どこにも異常がありませんでした。終わったあと、意識が朦朧とする中で、先生はわたしたち弟子に深々と「申し訳ありませんでした」と手をつき頭を下げてくださいました。舞台がそのようになってしまった、という事に本能でそうされたのだと思います。

     

    金春流は明治維新でとても苦境に立たされ、その不遇が長く続きましたが、信高先生は一代で立て直されました。それはこれから後世の人たちに評価されるだろうと思います。それくらいの功績を上げられた方です。そして、その先生の人生が凝縮された舞台姿を拝見した時に、人間が人間を具現化するという芸術の中でこれ以上のものはない、「能楽は世界最高だ」と確信しました。

     

    ”もう一つ、一生忘れることが出来ない想い出は、東日本大震災の慰霊祭のことです。”

     

    東日本大震災の慰霊祭やチャリティーのときには、いつも能「羽衣」を迷わずやりました。能「羽衣」の主人公は天女です。わたしが「依り代」になることで、「傷ついた東北の大地に天女が降り立ち、復興の寿福の宝を降らしてほしい」というメッセージを込めました。福島県相馬市、宮城県名取市、そして、震災の前から薪能などをさせて貰いご縁のあった、福島県いわき市でもやりました。

     

    いわき市では岩間町岩間海岸という所で、「なこその希望鎮魂祭」というイベント名で、震災一年の慰霊祭という形でやりました。津波ごっそりと家屋がなくなった岩間海岸の土地に野外ステージを立てました。しかしながら、当日は生憎の雨で、直前まで舞台を決行するかどうか悩みました。ボランティアスタッフの方の中のある男性が「こういう素晴らしいことをしているのに雨が止まないじゃないか。どうせ俺たちは天に見放されたんだ。」と腐って怒っていました。それを身近に聴いて、心が痛みました。

     

    通常、能は野外では能面や装束お囃子の楽器は水に濡れると駄目になってしまうので、雨天ではできません。中止にします。主催者から判断を任された私は、一緒に手弁当で来てくれた能楽師たちに相談すると、「鎮魂のために来ているのだから何としてもやろう」ということになり、風が横殴りで雨がザーザーと降る中、始めました。異例中の異例です。すると、能「羽衣」の中盤、天女が羽衣を取り戻し、お礼の舞を舞い始めようとした時です。わたしの能面の狭い視野からお客様達の後ろに瓦礫の山が見えていて、その奥に見えていた天が、何と二つに割れるのが見え、太陽の光がパーっと真っ直ぐに差し込んできたのです。その光景にあまりにも驚き、一瞬役を忘れて呆然となってしまいました。囃子も皆演奏しながらびっくりしていました。

     

    お客様からは、舞っていたわたしに太陽の光が後光が差したように見えたそうです。

     

    そして、羽衣を舞い終えると、雲ひとつない快晴となりました。わたしは終了後、面を取りマイクを手に取り、舞台に再び上がって「皆さん!この空を見て下さい!晴れない空はない。これこそ、『なこその希望』じゃないですか!!皆さん頑張って下さい!!!」と絶叫してしまいました。お客様として見てくださっている被災者の皆さんから、ウワーと拍手が沸き起こりました。先ほど、天に見放されたと言っていた男性スタッフも、笑顔で拍手していました。

     

    能は『鎮魂の芸能』とも言われています。能楽師はそういう時こそ、魂を慰めるために、能は必要だと信じています。そして、それが本当なのだと実感した日。あの雨の日の舞台が急に晴れ上がり快晴となり、そこで能を勤めたことは一生忘れることができません。

     

    去年いわき市の慰霊祭で、その時の羽衣の簡易バージョンを舞いましたが、その6年前の晴れた時のことを覚えていてくださっている方たちが多くいました。当時は雨天の中決行したため、主催者の方は相当なクレームなどもありご苦労されたとのことです。しかし、何よりも被災者の方々が「良かった、励まされた」と言ってくれたことが全てだ、と言っていました。「文句を言われようが問題無い、やって良かった」と今でも胸を張って仰っています。その通りだと私も思います。

     

     

    第三編は、山井さんの一番感動した、「関寺小町」という演目の話と、いわき市での慰霊祭の話でした。山井さんの話されたこの話を、限られた紙面の中で表すことは、ほぼ不可能に近いものですが、少しでも、お伝えすることができたらと思います。第四編では、山井さんが考え実践されている、「能をどうやって、次の世代、世界に伝えていくかを、語ってもらいます。」これは、日本の古典芸能だけではなく、日本的なもの、書道、日本画、ひいては、和紙の製作などにも共通するテーマです。更に、わたしたち、日本人が、これからを、どう生きていくべきかも考えさせらるテーマだと思います。


    コメント
    第1編の終わりに続編の内容も素晴らしく期待できるとありましたがそのとおりの内容で一気に読み切りました。一世一代の演技に他の仕事は全部遮断し練習に集中したこと、本番の舞台で何度も倒れ後日も記憶にない舞台になったこと。私の経験のないことですが人間の能力は精神の集中によってよりたかめることが可能であるとはいえ限界をこえるとメンタルによるフィジタルの破壊が起こることを暗示しているように思えます。通常はしかし早い段階で”自分にはできい”と止めてしまうのが凡人の常でしょう。能の世界の極意はそうした極めて高い次元に精神を置き演じるきるものということと理解しました。それにつけてもこの難解な能の極意ともいうべき或いは能の真髄を言葉として聞きだし毎回分かりやすく文章化されてる”筆者よっしー”さんの筆力にも感嘆を惜しまないこと書きそえます。
    • T.nagasawa
    • 2018/04/18 12:49 AM
    T.nagasawaさん、過分なお褒めの言葉ありがとうございます。穴があったら入りたいぐらいです。。。今回の話は、山井さんが熱く語ってくださったのを、暮れの29日に、西荻窪駅前のファミレスで伺いました。更に、それを書き起こしたものを、手直ししていただいたものです。

    おっしゃるように、能の世界は、精神的な極致を表現しているようです。それを、現代の社会に溶け込ませるところに、能楽師の方の苦労があるのだと理解しています。
    • よっしー
    • 2018/04/18 7:32 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode