ウェブショップはこちら
1

インタビュー ] 切り絵画家「久保修」さんに話を聞きにいきました―第一篇


桜の花が、例年より、一週間ほど早く咲いた2018年。その桜が満開で咲き誇っている今年の3月、切り絵画家の「久保修」さんとのインタビューをする機会を得た。福島での展覧会直前にもかかわらず、お時間をとってくださった。このインタビューは、もう何年も会っていなかった、筆者の中学時代、高校時代のクラスメートが、和紙のことをやっているんだったら、この人と話してみたらとメールをくれたのがきっかけだった。縁は異なもの不思議なものを、地で行くような事の運びだった。

切り絵画家「久保修」

(久保修さんとのインタビュー2018327)

 

最初に、久保修さんをご存知ない方に、簡単にご紹介させていただきたい。日本の数ある切り絵画家の中でも、久保さんは、日本国内はもとより、全世界で認められている唯一の画家ではないだろうか。国内では、ほぼ毎年日本各地で個展・展覧会を開いておられる。そして、久保さんの切り絵を使用した商品も、サントリーをはじめ数多くあり、さらに、ふるさと記念切手も1999年、2009年、2012年と発行されている。年賀状のデザインにも2回採用されている。

 


久保修 サントリービール福島の春

(サントリービール ザ・プレミアム・モルツの缶のデザインは2015年から毎年採用されている。今年、2018年は、福島の春というエリア限定)

 

海外での活動は、ざっと挙げただけでも、アメリカでは40カ所でワークショップや大学でのレクチャーをされている。さらに、スペイン、ポルトガル、ロシア、イラン、キューバ、トルコ、ジョージア、アジアでも、フィリピン、マレーシア、シンガポール、中国、シンガポールと、それこそ「地球儀を俯瞰する」活動をされている。久保さんの外交は、日本の知恵と美、そして芸術を発信しているのだ。なお、久保さんは、今年海外では、インドネシアでも9月に活動を予定しているそうだ。

 

 

そして、今年、2018年は、4月1日から5月6日まで福島市で「切り絵で描くジャポニスム」を福島民報社創刊125周年記念事業として展覧会を開かれている。 出品される作品数も、1988年から2018年までの30年間の集大成で190を超えるそうで、相当、気合が入っている。制作時間は短いものでも3週間ぐらいかかるとのことで、大きな作品では、年単位かかるという。それだからこそ、190の出品ということの重さが分かるのである。ゴールデンウィークには、是非、福島を行ってご覧になっては如何。

 

久保修 ちらし

(福島民報社創刊125周年記念事業)

 

今回は、現在にいたる久保さんの活動の軌跡と、久保さんが進めている「紙のジャポニスム」についての話、切り絵の作り方などを話していただいた。

久保修 因幡の白兎

(因幡の白兎: 久保さんは、寝る前に必ず枕元に、ペンとスケッチブックを置いているという。夢でみた物語や、風景などを忘れない間に残しておくためだと、「切り絵で描くジャポニスム」という本の中に書かれている。この波の上を走っている兎の夢を見たそうだ。)

 

”「久保さんが切り絵にたずさわるようになったのは、どういうきっかけだったのでしょうか?」”

 

私の実家は、山口県の美祢(みね)市で建築事務所をやっていました。私は長男です。1970年に、大阪の大学に行き始めました。当時は、学生運動の残りが感じられる時期でした。建築では、パースという完成予想図を作ります。 石垣や木などを、紙を切ることでやってみました。その時に、紙をナイフで切るシャープな線ができるのが面白くなったのです。最初は、植物、果物のシルエットを紙で切っていたのです。

 

その後、京都で、友禅の型染を見て、魅せられました。とにかく、紙で表現するのが面白い。そんなことをしているうちに、20歳になったら大学をやめていました。親には、勘当されましたが、母親は、しばらく仕送りをしてくれていました。助かりました。

 

”そこからどういう風に、現在の切り絵画家に進まれたのでしょうか?”

 

27歳の時に、作家の小松左京さんに出会いました。 「大阪を考える」というシンポジウムがあって、大阪を語る会に、たまたま欠員があったので出席することになりました。行ってみると、周りは、年配の文化人ばかりでした。その時、小松先生が「見かけない顔だけど何してるの?」「どんな作品? 一度、事務所に持っておいで。」と言ってくれたんです。

 

それから3カ月後に、作品を持っていきました。小松先生は、「自分が想像していたのと違う。一枚の絵にした方がいいじゃないか。」そう仰って、持って行った絵を借りてくれました。それから、時々、電話でコンタクトしていたら、ある時、パーティーで人を紹介してあげるからおいでよということで、大阪のプラザホテルの27階にあった小松先生の事務所に行くことになりました。そのパーティーが始まりで、東京でも、色々な人を紹介してくれました。

 

更に、小松左京事務所がスポンサーになって、2日間の個展を開くことになりました。それがきっかけで、関西財界の人が支援してくれるようになりました。その次は、東京で開くことになりました。ベルビー赤坂の一周年記念で個展。その時、岡本太郎さんが小松左京さんと一緒に会場に来られ、「つまらないな。君の作品には、何かを壊そうという意欲がないよ。」と突き放されました。当時、誰にも負けないくらい細かく切ることはできたけれど、「君は、本当に、これが芸術だと思っているのか?」「これは、工芸部門だ。芸術じゃない。」本当に、ショックでしたね。

 

その年、大阪で個展を開きました。毎日新聞の学芸部の記者が、私の取り組みを面白いと言ってくれたんです。その会場で、須田剋太さんという司馬遼太郎先生の挿絵を描いていた人に初めてお会いしました。その人が、初日のレセプションで、いい気になっていた私に、「久保君、君の絵は俗悪だね。」「君の絵は説明的だけど、絵画というのとは表現が違う。」

岡本太郎先生といい、須田剋太さんといい、強烈な批評でした。しかし、その須田さんも、個展で売れている絵の前は通り過ぎて、何も言わずに、「世界に久保君を認めてくれた人がいるんだ、だから、この絵については、僕は何も言うことはない。」「絵画を、もっと勉強したらどうだ。今のままでは、技術ばっかりに走って表現力がなくなる。」

 

悩んだ結果、小松左京先生に相談しました。すると、小松先生にも、「絵から伝わってくるものがない。このままでは、映画村のセットになってしまう。」「それより、ここで海外に出て、異文化に触れたらどうだ。行ってみたい国はないのか?」 当時、ピカソが好きだったので、スペインに行きたいと答えました。ただ、渡航費がない、言葉もしゃべれない。それから数日して、小松左京事務所に呼ばれました。すると、そこに司馬遼太郎先生がいて、「君は縄文時代の顔をしている。」 

 

岡本太郎さんには、「つまらない。」須田剋太さんには、「俗悪」と言われ、小松先生には、「映画村のセット」と言われたり、そして、司馬遼太郎さんは「縄文時代の顔」と言われて、ちょっと、むっとしていたら、「日本の物づくりの原点は縄文時代にある。だから、誉め言葉で言ったんだよ。」 

 

 

”スペインに行ったことが転機となりました。”

 

そんなこんな、話しているうちに、小松左京先生が、関西の作家と財界の人たちでスポンサーをしてやるから、スペインに行ってこいということになったのです。そして、一年間の渡航費と滞在費を出してくれました。33歳の時です。これが、転機となりました。

 

スペインは、石の文化。そして、食べ物が違う。スペインでは、歴史に触れ、宗教絵画を鑑賞することができました。それは、「光と影」で、ちょっと、切り絵の世界に似ていると思いました。司馬先生が、「街道を行く」を執筆された時に、スペインでの案内役をされた山岡清さんという方がおられるのですが、その人が私のスペインでの身元引受役をしてくれました。その山岡さんは、私に、「スーパーマーケットには行くな。言葉が覚えられないから、市場に行け。」こういう、アドバイスもしてくれました。

 

スペインでは、大陸、大地の広さ、見るもの全てが自分の五感に吸い取り紙のように入ってきました。それが一番感激したことです。スペインでは、他の画家は、みんな自由にやっていました。それまでの私は、建築の勉強をしたせいか、はみ出しができない。スケッチブックの枠から離れられなかったんです。

 久保修 トレドの街並み

(作品:トレドの街並み)

 

切り絵で、紙を切るというベースは変わらなかったけれど、それに塗る色を、自分で作っていくことにしました。これが、のちに自分を助けてくれました。画材に、布を使ったり、絵具に砂を混ぜたり、そういったものと切り絵をコラボさせました。自分は、それを混合技法、Mixed Mediaと名付けました。

久保修 スペインの赤い土

(作品:スペインの赤い土)

 

そんなことをしているうちに、1年の期限はあっという間にきました。帰国したら、周りには、「スペインかぶれしたな。」「切り絵じゃなくなったな。」と、色々な批判を言う人がいましたが、気にしなかったです。そのMixed Mediaを追及していたら、某百貨店のバイヤーが、「久保修Mixed Media」という展覧会を開いてくれました。

 

 

第二篇に続く(5月4日にリリースされます。)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

latest entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode