ウェブショップはこちら
0

    インタビュー ] 第二篇 久保修さんとのインタビュー 「切り絵という手法で日本を描いていく」


     

     

    ”阪神淡路大震災で被災―切り絵という手法で、日本を描いていこうと、決意しました。”

     

    阪神大震災で被災しました。一瞬のうちに長く続いたものが消えるということを体験したのです。日本には、数々の自然災害があります。 自然災害が起こると、廃材の山ができるんです。神戸の時、若い夫婦が、年代物だけれどまだ綺麗な輪島塗の箱を捨てているのを目撃。なぜ、捨てるのか聞いてみると、「この機会に、全てを新しくしたい。」と、そう言っていました。それを見ていて感じたことは、復興は大事だけれど、このままでは、日本の大事なものが無くなっていく。とにかく、これはまずいと感じました。

    その時です。自分は切り絵という手法で、日本を描いていこうと、決意したのです。日本の原風景的なものは、消失しかけている。もちろん、まだまだ存在しているけれど、田舎の風景の中に都会があったりして、消失している日本があるのも事実。又、日本には、四季があって、長いこと続けていた生活は、その四季の変化に基づいているんです。

    久保修 町家の四季

    (作品:町家の四季 久保さんの代表作。2009年の制作。左から右に向かって四季の移り変わりが一枚の絵の中に描かれている。)

     

    神戸の地震の後、日本全国を旅しました。47都道府県全部を回りました。飲みに行くと楽しかったけれど、良い作品をつくることが大切と、飲みにいくことをやめて、作品作りに没頭しました。そして、テーマは「紙のジャポニスム」と決めました。日本には、素晴らしい四季の変化があります。それは、四季の風物詩だったり、旬の食材であったり。生命力にあふれた瞬間を切り取って作品に仕上げています。

     

    久保さんが、今回の福島での展覧会会場での解説で、紙のジャポニスムについて、「日本を見つける旅、日本に出会う旅、日本を感じる旅となっていった。」と、説明している。

     

    久保修 朝靄

    (作品:朝靄)

      

    例えば、季節の代わり目。日本の春の色は、単純に緑一色ではないのです。多様な緑です。それは、グリーンが、濃かったり、パステルだったり、ハーフトーンだったり。そんな色の変わり方を出したい。そう思って、絵の具を混ぜていきました。葉っぱを一枚一枚、違ったグリーンで色付けします。これは、何十年もかかったけれど、これからも、それを追及していきたいです。

     

    (左から秋の七草、都の桜、朝顔、雪中椿)

     

    嬉しかったのは、ふるさと切手「隅田川花火、東京都」が1999年に採用されたことです。とにかく、自分の個展の案内状を、自分のデザインした切手で出したいと、強く願いました。思い続けていると、願いは叶うのかなと思います。その後、切手では、2009年に「深川八幡祭」と2012年に「大阪天神祭」とデザインが採用されました。 

     

    久保修デザイン切手

    1999年に発行されたふるさと切手を最初に、久保さんのデザインは、その後2回採用されている。:隅田川 花火、東京都)

     

    切手のデザインが採用された頃に、東京に進出しました。それから、東京と大阪を行ったり来たりする生活になりましたが、悔しかったのは、東京で紹介される時に、「関西では有名な久保君」と言われていたことです。

      

    海外に出るようになったのは、NYでの2008年の、「THE NIPPON CLUB」展覧会がきっかけです。2010年には、NYを拠点に文化庁文化交流使となって、3カ月で30カ所廻りました。小学校、中学校、高校、そして大学でもワークショップを開催しました。フィラデルフィアのドレクセル大学に招聘されて、学生に教えました。ドレクセル大学には、その時から1年おきに行っています。

     

    ヨーロッパでは、スペイン・ポルトガル・ウクライナ・ロシアなど。アジアでは、マレーシア・フィリピン・シンガポール・中国など。普段、なかなか行けないような、イラン・トルコ・ジョージア・キューバなどでも、展覧会やワークショップなどの活動を行ってきています。ロシアでは、3回目の訪問の時に、モスクワの東洋美術館という国立美術館が展覧会を開いてくれました。国立の美術館が生きているアーティストの展覧会を開くというのは、稀なことです。

     

    私の場合、小松左京先生に応援して頂いたことは、本当に大きかったです。その後も、色んな人が助けてくれました。チャンスをくれないで、口で、言うだけの方もいます。チャンスをくださいと、若い時からお願いしています。批評するのは簡単だけれど、言われる方は大変。批評するからには、本人も覚悟を決めないといけない。そういうことで苦しんだことはあります。

     

    日本の古典芸能などでは、宗家とか流派の家元制度などのピラミッドがあります。しかし、切り絵をはじめ、いくつかの日本の芸術にはそういう階級制度みたいなものがありません。今のところ、私の場合、弟子は取りません。自分の実力だけで勝負していくものだと思います。 国も、本当は、もっと芸術部門にお金を使って欲しいです。ほんの少し、芸術に振り替えてくれたら、もっともっとやれるのです。そういう点で、外務省の文化交流使の制度で、NYに2009年に行くことができたのは、大きかったです。若い人たちは、もっと海外に出ていくべきだと思います。

     

     

    ”「切り絵で描くジャポニスム」”

     

    今回、福島民報社という新聞社の創刊125周年記念事業で、展覧会を4月1日から5月6日まで行います。会場は、とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)です。スペシャルイベントも多く、4月21日は、奥会津郷土写真家の星賢孝氏が、そして4月22日は、ピアニストの平井元喜氏がゲストとして来場します。出品数も193と多いです。この出品数は、大変な数です。自分も本当に力を入れています。

     

    (福島民報社創刊125周年記念事業のパンフレットの裏面)

     

    斉藤清という福島の木版画家の作品が好きでした。特に、会津は好きで若い時から、福島に行く機会が多かったです。私は、生まれが山口県(長州)ですが、その私が、会津を好きというのもおかしいですね。

     

    3・11以降も、何度も訪れています。風評被害もあり、子供たちは不安定でした。仮設住宅が出来て少し落ち着いたこともあり、何かできないかと思っていた時に、新聞社や市のバックアップもあって、切り絵のワークショップを開いたのです。被災者の方々も、最初は、切り絵のような細かいことはできないと言って、あまり、乗り気ではなかったけれど、だんだんと切り絵に集中するようになってきました。

     

    福島県には、思い入れがたくさんあります。日本のそれ以外に好きな所を5カ所ですか? やはり、自分の出身の山口県の美祢市、兵庫県豊岡市、岡山県全域、北海道の雪景色、そして九州ですね。

     

    第三篇は切り絵の描き方です。5月7日にリリースされます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode