ウェブショップはこちら
0

    インタビュー ] 何も見えないところから、見えるものにするのが写真の面白さ-写真家小嶋三樹さんのインタビュー


    今回インタビューさせていただいた小嶋三樹さんは、現在、山梨県富士川町に在住。写真家として36年以上活動されています。

    写真家「小嶋三樹」

     

    私どものブログをいつも読んでくださっているYDさんが、写真を和紙に焼き付けている素晴らしいアーティストがいらっしゃるのですが、と小嶋さんを紹介してくださいました。小嶋さんのテーマは、自然の中の生命を光で表現すること。光を描くには陰を表現することが必要であり、陰を描くには光を表現することが必要だと主張されています。その調和の世界が、独特の小嶋ワールドです。

     

    「小嶋三樹、太素杳冥

    (写真集「太素杳冥」から。光と陰の中の生命感を表現している。)

     

     

    5月中旬の夏かと思うような暑さの中、富士山を望むことができる静かな佇まいの富士川町のご自宅にお伺いさせていただきました。初めてお会いしたのだが、まるで、以前から知り合いだった方と話をしているような雰囲気でした。

     

     

    「どういうきっかけで写真を始められたのでしょうか?」

     

    一番初めは、油絵を描いていました。それから版画に興味を持って、創形美術学校の版画科で2年間学びました。そこでは、様々な版種の技法の中でシルクスクリーンで写真製版も学びました。又、写真の講座もあったのです。実は、版画と写真はよく似ているのです。版画の版にあたるのが、写真のフィルムで、それをもとにしてプリントするわけです。

     

    20歳の時に、ヨーロッパに行って、展覧会や美術館巡りをしていると、写真展を結構やっているのです。その時に、写真っていいなと思いました。日本にいた時には、写真をアートとしては見ていなかったので、衝撃でした。写真も表現の手段になりうるなと。

     

    それで、版画学校を卒業後、写真学校に入り直しました。そこで、二年間、基礎的なことを学びました。卒業後は、プロのところで1年程、助手をやってから、25歳でフリーランスになりました。今は、職業として仕事の写真も撮っていますが、スタートがこのようだったので、お金を稼ぐだけではなくて、表現として写真をやりたいという気持ちが強かったです。

     

     

    「写真家としてやってきた中で、どんなご苦労をされたのか、お聞かせくださいますか?」

     

    経済的には大変なこともありました。しかし、色々な方に恵まれてここまで来られました。25歳でフリーランスですから、もう36年になります。あっというまでした。

     

    苦労というのは、正直に言って、あまり苦労した記憶が無いかな。何度もやり直しをしても、翌日見ると、気に入らなくて、全て、やり直しとか。それで、暗室から出るのが嫌になって、暗室に、寝袋持ち込んで、そこで寝るとか。でも、それは、ものを作る人は、みんな味わっていると思います。それは、苦労とはかんじませんでした。

     

    「小嶋さんの取り組んだ、和紙に写真をプリントするという話をお聞かせください。」

     

    簡単に説明すると、写真を焼き付ける印画紙を、和紙を使って自分で手作りするということです。和紙に、自分で乳剤を塗るのです。大切なのは、和紙を使っても、今までつかってきた市販の印画紙以上の価値を生み出さないといけないということです。又は、全く、別の価値を作りださないといけないということです。そうでなかったら、単に和紙を使ってやりましたという趣味の範囲になってしまいます。そういう風にはしたくなかったです。印画紙になる和紙探し、テスト、そして自分が納得できるトーンを出すのに、5年かかってしまいました。 暗室で薬品の中に和紙を入れて現像処理をした後水洗いすると、手漉き和紙というのはふわーと溶けて散ってしまいます。それ以外でも、乳剤が剥離したり、裏に滲みてしまったりとか、和紙にはつきものの不純物がシミになって出てしまったり、いろいろなトラブルが発生しました。

     

    行きついたのが、越中五箇山の悠久紙です。その五箇山の悠久紙では、実際に蔵にまで入れていただいて見せていただき、どの厚さの紙が良いかを探すなど、一枚一枚手にとって選別させてもらいました。悠久紙の宮本さんとその息子さんには、本当にお世話になりました。私と5年間やる間に、一緒に悩んで追及してくれました。

     

    越中五箇山悠久紙のWebサイトは、こちらから。冬の雪に晒して白くするというこだわりのある和紙です。

    http://www1.tst.ne.jp/yukyushi/

     

     

    それから、裏打ちとか糊のことなどもあります。東京のマスミという表装を扱うお店があるのですが、雑誌の取材で海外から日本の表装文化、技術を学びに来ている方を取材する機会があり、当時本で学ぶだけでは限界があって悩んでいた糊の濃さを目の前で見ることができました。そこでは、表装教室もやっていたので、すぐに入りました。自分でも掛け軸を作るようになりました。表装を習ったので、裏打ちをしたらどういう効果がでるかも分かるようになったのです。伝統的な技術を学べたことは大変プラスになりました。

      

    又、写真は普通、ベニヤのパネルに貼るのですが、ちゃんと袋張りした表装のパネルに貼るという方法には、意味があるのです。和紙は、普通の印画紙のように、光を反射しません。その性質を活かすには、袋張り表装のパネルでなければだめなんです。そういうことも色々と試しながら学んでいきました。

     

    2003年の東京画廊での個展「閑寂幽玄」で、本格的に和紙を使い始めました。先ほどもお話しましたが、ただ和紙を使ってやってありますでは、工芸的な意味合いです。いわゆる、アートのクオリティーではありません。

     

    小嶋三樹、閑寂幽玄

    (2003年個展「閑寂幽玄」東京画廊での展示風景)

     

    手漉き和紙と機械漉き和紙についてですが、機械漉き和紙もどんどん良くなっています。種類も増えました。根本は、手漉き和紙を使うから良い悪いではなく、自分の作品とマッチさせて、手漉き和紙ならではの良さを活かしていけば良いのです。正直なところ、敢えて何を使っているのかなんて書く必要はないと思っています。滲み止め加工をしていない桐生の手漉き和紙を意図的に使ったことがあります。当然のことながら滲みがでるのですが、それが和紙の良さでもあるのです。インクジェットプリンターなどは、如何に写真用紙の白さの上に正確なドットを細かく打ちを出すかを競っていますが、和紙は繊維の間に染み込んで滲んだりします。その特徴を分かった上で、自分でなにを使うかを決めています。

     

    いっぽう、和紙は小さい作品では、ディテールが死んでしまうので向いていません。大きさのマッチングも大切な要素です。

     

    又、写真用紙というのは表面がテカテカしていますが、和紙は光りません。光を吸収するから目に優しいです。そして、和紙は、裏打ちをすると深みが増します。それが、和紙を使うメリットだと思います。

     

    その裏打ちですが、裏打ちするタイミングはいつでも良いと思います。書道も表具屋さんへ持っていって裏打ちします。それと同じです。写真でも同じです。シャドウ部の深みが増します。

     

     

    「小嶋さんの作品について教えてください。モノクロ写真が多いようですが、その意図は?」

     

    内側から湧き出してくる光なんです。色というのは、表面的なものになってしまうのです。きっかけは、太素杳冥の中にある写真を撮影していた時です。日没頃撮っていた時に、自分には光溢れる風景に感じられていたのにはっと気がついて周りを観ると真っ暗だったのです。でも、下は輝いて見えました。それが何でだろうと思ったのが始まりです。陰が極まって、陽が生じるようなイメージです。そこには、色はいりません。観る人が陰影の中にご自分の色を感じてもらえれば良いです。

     

    ​写真家「小嶋三樹」 太素杳冥

    (写真集「太素杳冥」から。光と陰の中の生命感を表現している。陰の部分も一つだけの黒ではない。)

     

    プリントの中の黒ですが、けっしてベタの黒ではありません。存在感がある黒です。版画をやっている時に学んだことですが、真っ黒に潰すのは簡単なことです。しかし、一見、真っ暗に見えても、僅かな陰影の濃淡の差異の中に何かの存在を感じさせるのはとても日本的です。

     

    ​写真家「小嶋三樹」 太素杳冥

    (写真集「太素杳冥」から。光と陰の中の生命感を表現している。陰の部分も一つだけの黒ではない。)

     

    和紙は良いけれども、難しいです。何が難しいかというと、黒の濃度が全然出ないのです。明暗の階調の幅が狭く、それで、普通の階調の再現域の広い洋紙と違った表現をしないといけないからです。私は、調和の世界を気にします。それは、単純に数字化したら、この黒の濃度は出ていないけれど、調和の世界ならその黒の色を感じることはできます。

     

    ​写真家「小嶋三樹」閑寂幽玄@ゆこもり展

    (2016年個展「閑寂幽寂」手仕事扱い処 ゆこもり会場 展示風景)

     

    その生命感をちゃんと描写して、全体的に暗さを表現するには、技術が必要になります。例えば、この滝の写真ですが、普通に撮るだけだったら、決してこうはなりません。暗いところを出したら、滝が白く飛んでしまうし、滝を出したら、まわりは真っ黒に潰れます。

     

    ​​写真家「小嶋三樹」 閑寂幽玄

    (2012年「閑寂幽玄」、滝の写真は写真家小嶋三樹のSignatureWorksのようだ。)

     

    「ネガは楽譜であり、プリントは演奏である。」 アンセル・アダムス(アメリカの写真家。1902〜1984)

     

    ただ、写真を撮ってプリントしただけでは、譜面どおりに演奏しただけということです。でも、指揮者が違ったり、オーケストラが違ったりすると、同じ楽譜なのに、違った感動が生まれます。また、同じ指揮者が30代の頃に演奏したのと、60代で演奏すれば、生涯をとおして違ったものが生まれ表現されます。写真でも、10年、20年と経ってから、プリントしなおすと、新しい発見と表現があります。写真というのはそういうものだと考えます。

      

    写真を撮って写真屋さんにだして終わりでなく、撮ったところは、まだ過程の半分の一歩手前なんです。自分のイメージにそこから近づける作業が必要です。

     

     パソコンの画面上だけではなく、プリントする場合には自分が良いと思った和紙であったり、版画の紙であったり、そして、表装などの見え方まで、写真をするなら考えるべきだと思っています。私は、紙の質感を見せたいので、展示会では、額装の時でも、ガラスを入れません。

     

    (2016年個展「閑寂幽寂」手仕事扱い処 ゆこもり会場 展示風景)

     

    作品一つ一つに題名はつけません。見ていただく方の感性で対峙して見ていただくのに、題は必要ないと思っています。地名ぐらいは表示する場合もありますが、それも、作品を観てもらうには、あまり重要ではないと考えています。言葉で表現できないものをやっているのに、言葉でどこまで説明する必要があるのかということです。

     

     

    「小嶋さんご自身が持っていらっしゃるテーマは?」

     

    自然の中の命の光です。やってきて気づいたのはそこです。一つの光として表現する。Photographyとは、本来、光で描くという意味です。光は大事です。単に明暗の話ではなく、光を描くには、影が必要で、逆に陰を描こうとすると光が必要になります。両方の調和の世界です。

     

    このニュージーランドでの写真は、敢えて、青色を出しました。ベースはモノクロです。父がちょうど亡くなった時だったので、青を使ったのは影響があったのかもしれません。

     

    ​​写真家「小嶋三樹」New Zealand

    ​​写真家「小嶋三樹」New Zealand(ひかりといのちとの題名がついているのは小嶋さんの作品では珍しい。ニュージーランドで撮影)

     

    このダイヤモンド富士ですが、普通に撮ると逆光ですので、山肌がベタで真っ黒になるのです。シルエットでよければそれで良いのですが、山や森を出すには、技術的な裏付けが必要です。残念ながら、写真では実際の明暗の差を再現できません。ラティチュードと言いますが、記録し再現できる階調の幅に限りがあります。それが前提ですので、自分の表現したいものに近づける調整が必要です。暗い所のディティールを描写するには、明るく撮れば良いのですが、そうすると明るい所は真っ白になってしまいます。明るい所を大切にして暗くして撮れば今度はシャドウ部が真っ黒になってしまう。そこで、暗室で光を多くあてたり少なくしたりするプリント調整をします。

     

    小嶋三樹、ダイヤモンド富士

    (朔旦冬至ダイヤモンド富士)

     

    「100人のうち、99人に伝わらなくても、1人感動してくれる人がいたらいいのです。」

     

    自分が納得した作品を出すことが大切なんです。よく、写真コンテストなどで受賞を狙って、あの審査員は、祭りが好きだとか、風景が好きだとかと、コンテストの審査員に合わせた写真を撮って出品している人がおられます。そうなると、何のために写真を撮っているのかが、分からなくなってしまいます。美術や写真でも、コンクールの審査員は、自分の生徒が出品していれば、落とせないものです。又、持ち回りで賞を取らせたりもします。

     

    やはり、芸術関係には、そういうところがあります。良い面もありますが、弊害もあるわけです。それで、先生に合わせて作品を作って、仮に、金賞を取れたとしても、嬉しいのでしょうか。ですから、結果に一喜一憂するのではなく、自分の撮りたいものを追及して、1人でもいいから感動してくれるような作品ができれば良いのだと思います。

     

    自分で被写体を探すことをしないで、SNSやコンテスト雑誌で紹介されて有名になった撮影ポイントで、みんなが同じ方向にズラリ並んでカメラを向けていますね。異様な光景です。そういう場所で、みんなとは違う方向だったり、後ろを向いて撮っている人がいたら、その人は本物だと思います。

     

    ​小嶋三樹、太素杳冥

    (写真集「太素杳冥」から。光と陰の中の生命感を表現している。陰の部分も一つだけの黒ではない。)

     

    デジタルでは、フォトショップなど、何種類か使います。使い方によっては、合成など邪道な面があることは確かです。ただ、そうではない写真の質を高める調整のための使い方をすれば良いのです。撮ったまま何もしなくても良いという考えは、暗室でプリントをやったことのない人に見受けられますが、写真が自然界の明暗差をすべて記録できない事を知っていたらあり得ない考えだと思います。

     

    色についてですが、JPEGで表現されているのはカメラメーカーの考えている色です。例えば青空といっても五月晴れも秋晴れも同じ青ではなく、ひとりひとりが感じた色で表現すれば良いのです。写真をやるのだったら、そこは自分でやるべきです。無条件に色を使わされているのです。フィルターや風景の濃度などカメラメーカーに決められています。

     

    デジタルでの加工に限らず、「私には、こういう風に見えた、感じた」事を人に伝えるために表現するのだということです。写真の面白いところは、もちろん表面的に写すところもありますが、写真には、見えないモノが写るのだと思います。そこが面白いのです。何も見えないところから、見えるものにするところに作者がいるのです。そして、見るかたが自由に作品を観て感じることがあって初めて作品が成立するのだと思います。

     

    ​小嶋三樹、太素杳冥

    (写真集「太素杳冥」から。)

     

    最後になりますが、写真を志す人には、基本をしっかりと学んでほしいです。きれいに撮る目先のテクニックだけでなく、露出などの「写す基本とプリント表現する基本」は身につけて欲しいです。二度とない人生の中で、写真と出会い、その人にしかできない表現を目指してもらいたいです。その過程の中で、「自分はこうしたいのだけれど、なぜ、できないのだ?」、かを考え、できるようにする方法を考える、そのプロセスが大切です。人と比べて、自分が一番か二番という相対評価ではなく、自分が納得できるものを追及するという絶対評価を追及していると、自然と、他の人も分かってくれます。

     

     

    「インタビューアーの独り言」

     

    小嶋さんの写真に対する真摯な思いを、読者の皆様に伝えることはできただろうか? 写真というものに対する知識が殆ど無い私には、技術的な話は、パソコンを初めて起動する小学生並みの理解力しかない。ただ、小嶋さんは、話を初めてすぐにそれを察してくれたようだ。噛み砕いて話していただいたが、それでもハードルは高かった。

     

    しかし、ここに紹介させていただいた写真を見れば、きっと、読者も感じてくれるものがあるのではないだろうか。筆者には、小嶋さんの写真を見ていると、太古の昔から止まっていた時間が、ちょうど、水の雫が垂れる音で動き出すような厳粛なものを感じる。高等生物が地球に出現する前の生命の始まりの音、それが聞こえてくる。そんな風に感じさせる写真、いや芸術に触れることが、今まであっただろうか?

     

    小嶋さんの芸術家としての姿勢は、アーティストを目指す人には、きっと一つの指針となるのではないだろうか。簡単に、苦労は無かったと言い切った小嶋さんだが、五年の間、和紙を印画紙にするために、指針無いゼロから作り上げていった話は、自分にはとてもできないと思う。物を創るということ、オリジナリティを創り出すはこういう事なんだろうか? その間には、焦燥感や、絶望感などもあったろう。しかし、今の温和な小嶋さんの顔からは、とても想像できない。きっと、その過程での苦しさは、小嶋さんご本人とご家族だけが知っているのだろう。

     

    できれば、この記事は和紙に関する仕事をしている人には、できるだけ届けたい。これは、和紙の新しい使い方を実際に追及した写真家の話である。こういう新しい需要が、他にもあるかもしれない。又、海外の需要家に提案できるかもしれない。産業の新しい方向や需要の開拓というのは、どこにあるか分からない。そういう意味で、越中五箇山の悠久紙の方の取り組みには敬意を表する。

     

    インタビューの初めに、小嶋さんのお父上は作家の「小島直記先生」の話が出た。福岡県の八女市の方で、1919年に生まれた方だそうだ。私事になるが、実をいうと、筆者の父も1919年生まれ。さらに、この小島直記先生は、終戦時は、海軍主計大尉だったそうだ。私の父も、終戦時に海軍主計大尉だった。きっと、私たちの父親は、同じところで学び、同じところで働き、話を交わしたこともあっただろう。それから70年以上たった2018年に、その子供たち二人が、話を交わす機会に恵まれたのだ。不思議な因縁である。

      

    なお、小嶋さんのHPとFBはこちらからどうぞ。

    http://www.miki-kojima.com/

     

    http://www.facebook.com/miki.kojima.73

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode