ウェブショップはこちら
0

    イベント ] 佐竹正明ワールドを箱根宮ノ下のNARAYA CAFEで味わう


     

     

    この10月2日から30日までの4週間、箱根登山鉄道の宮ノ下駅前にあるNARAYA CAFEで、

    佐竹正明画伯の版画と素描の個展が開かれている。

    箱根登山鉄道は、小田原と大涌谷に行くロープウェイの起点の早雲山までを結ぶ関東屈指の観光電鉄である。

    箱根湯本、塔ノ沢、宮ノ下、小涌谷、強羅などの有名な温泉を結んでいる。

    スイッチバックあり、国道一号線を渡る踏切ありで、新年の箱根駅伝でも有名である。

    その宮ノ下は、富士屋ホテルのあることなでも知られているが、

    NARAYA旅館が発展解消して残ったのが、NARAYA CAFEである。

     

    NARAYA CAFEは文字通りCAFEなのだが、和の小物を売る売店や足湯も併設しているが、

    時間を取って過ごしたいのが、坂道の一番上にあるギャラリーである。

    そこのギャラリーで、この10月、4週間に渡って

    佐竹正明画伯の小品の個展が開かれている。

     

     

    今回の佐竹画伯の版画や素描は、1956年にノーベル文学賞を受賞した

    スペインの詩人フワン・ラモン・ヒメネスの「プロテーロとぼく」をという散文詩

    に出てくる登場人物をイメージして描かれたそうだ。

     

    独特な線と平面のタッチが、描かれている人物をイキイキとさせていて、

    見ているだけで嬉しくなってくるオリジナリティー。

     

     

    佐竹正明画伯

     



    佐竹正明画伯

     


     

     


     

    佐竹画伯の版画は紙版画という種類で、

    一枚の版からせいぜい五枚ぐらいしか取れないという。

    和紙を使っているものもあり、そういった苦労をいつかインタビューさせていただきたいものだ。

     

    若い時に、フランスで絵の修行をされたというだけあって、

    何となく、ヨーロッパを感じさせる筆の運びがある。

     

    NARAYA CAFEのは日本家屋を改造して、

    宮ノ下の雰囲気に溶け込ませている。窓からは、箱根の緑が開けていて、

    それが、ギャラリーの雰囲気と相俟っている。

     

     

    カジュアルでいて、しかし、品がある。

    箱根には、色々と有名な美術館もあるが、

    それは、それで良いのだが、

    このNARAY CAFEで、まったりとした午後を過ごされては如何?

    普通のSNSや観光雑誌とは、一味変わった箱根旅行になると思いますよ。

     

    なお、佐竹画伯は、阿久悠の「喝采」の表紙、

    若き日の東野圭吾の作品の挿し絵や、永倉万治、岳真也、篠田節子、西木正明など

    錚々たる作家の挿し絵も描かれていた有名な挿し絵画家でもある。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode