ウェブショップはこちら
0

    書道 ] 小田原散歩ー永田灌櫻の個展


    書家の永田灌櫻さんの個展が、歴史の町小田原で開かれている。

    小田原城に面しているお堀端画廊。

    永田灌櫻個展

    お堀端画廊は、小田原城公園にあるお堀の側。

    独特の雰囲気のギャラリーだ。

     

    今の季節、桜の葉が色づき始め、木洩れ日が通りを照らす。

    永田さんは、新進気鋭の書家。まだ31歳であるが、

    すでに、毎日書道展の毎日賞を一回、同秀作賞を二回獲得している。

    その永田さんが、書を分かる人には分かる、書に馴染みのない人にも分かるものを展示。

    何人もの方が、初めて永田さんの作品を見てくれて、

    絶賛されている。

     

    無碍の一道

     

     

    実は、永田さん、小田原には知り合いも生徒もいない。

    その中で、個展を開かれるのだから、度胸が良い、というか、勇気がいる。

     

    果たして、初めて永田さんの作品をご覧になった方が、

    作品を好きになってくれる。この三日間で、間違いなくそういう感触を得ることができた。

     

    小田原という町の文化度の高さを感じる。

    こういうギャラリーに近くを散歩してふらっと寄ってくれる。

    市民書道展をやっていて、その行き帰りに見ていってくれる。

    名前を芳名帳に書き込む人の達筆なのにも驚かされる。

     

    小田原城見物に来て、菊祭りを見ても良いし、

    旨いものを食べ歩くのも面白い。

    しかし、この週末にはぜひ、お堀端画廊でまったりとした午後を過ごすのも、

    旅行の楽しみになるかも。

     

    駅から徒歩圏内。

    小田原城公園の真ん前にある。

     

    JUGEMテーマ:旅行

     

    無碍の一道

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode