ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 詩仙堂の朝のひと時


    JUGEMテーマ:京都

     

    京都の左京区、東側の一乗寺や修学院に近いところにある寺。

    1641年に石川丈山という徳川家の家臣が建てた山荘であった。

    そして、現在は、丈山寺という曹洞宗の寺である。

    詩仙堂入り口

     

    朝、陽が出てしばらくしてから訪れた。

    幸い、訪れた人はまだ誰もおらず、静かな空間と雰囲気、そして、書や宝物を

    完全に独占することができた。

    詩仙堂

    庭の奥からは、鹿威しの硬い音が時々響いてくる。

     

    庭木には、露が凍らずに垂れていて、雨樋からは水蒸気が昇ってくる。

     

    自分たちが訪れたのは午前9時過ぎだったが、

    真冬ということもあって、人がいなかった。

    秋には相当混雑もするらしい。

    紅葉の美しさは想像するよりほかはないが、

    混雑したところを見た人には、今日の静けさは想像できないのでは。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode