ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 護王神社は足腰の守り


    JUGEMテーマ:京都

     

     

    京都の烏丸通で、丸太町通から今出川通までの間に、

    護王神社というのがある。

    和気清麻呂にゆかりの神社だという。

     

    拝殿の前には、狛犬の代わりに雌雄一対のイノシシがあり、

    来年の干支がイノシシであり、神社側も気合が入っているように思う。

    烏丸通から入ってきた正面には、イノシシの開運の大きな絵馬が飾ってある。

     

     

    また、清麻呂公の像の後ろには、君が代に歌われているさざれ石がある。

     

    この護王神社の特徴のもう一つは、毎月21日に足腰祭を斉行している。

    管理人一家は、本人がぎっくり腰の発作を産まれて初めて経験。

    そして、女房殿は、転倒から腰を強打しての坐骨神経痛を発生するなど、

    足腰の健康の大切さを痛感した一年だった。

    お守りを買って、足腰安全を祈願させていただいた。

     

    イノシシが守り神ということもあって、

    何かユーモラスな神社で、思わず、笑みが浮かんでしまう神社だ。

    足腰の弱い人にも大丈夫なように、

    坂はなく、広さもなく、すべてが凝縮されている神社だ。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode