ウェブショップはこちら
0

    和紙の産地 ] 和紙産地のマップ


     

    上記のマップは、全国手すき和紙連合会のHPからお借りしています。
    マップをクリックすると、そのHPにリンクしています。
    さらに、そのページの各産地をクリックすると、
    各産地の紹介ページが開きます。
     

    こういう風にみると、結構あるんだなと思う一方、
    これしかないんだという気持ちにもなります。 
    手すきという、おそろしく手間ひまのかかる工程を通していけば、生産コストは、上がります。
    そうすると、供給も限られ、それにつれて需要も限られていくのは想像に難くありません。
    いくらユネスコの遺産に選定されたといっても、
    一枚、何百円からものによると何千円にもなる紙の需要は広がらないのではないでしょうか。
     
    そうなると、需要を拡げる努力が必要になってくるのでは。
    書道家が増えるか、折り紙をやる人が増えるか、
    いや、そういった分野自体の成長が限られているのが現状です。
    海外での和紙の需要を増やすにはどうしたら良いのでしょう。
     
    そんなことを考えて、日本各地の産地のマップを旅するのも面白いです。
    「和紙はお好き?」では、これから上記の和紙の産地を巡っていきます。
     
     


    コメント
    ☆またまた過去記事にコメント・ご寛容の程を。
    もし和紙の産地を聞かれたら、私は越前・美濃・土佐しか思い浮かびません(^_^;)
    記事末尾に各産地を巡る云々、とありましたので、これ 以後の記事を読み進めるのが楽しみになってきました。…と言いつつ、新年明けてからまだここまでかい!とお叱りを受けるやもと恐懼しつつ。
    • hannibal-caesar-shunov
    • 2018/02/14 8:13 PM
    ハンニバルさん、

    UNESCOの無形遺産に登録されているのが、美濃、石州、そして埼玉の小川の三か所です。しっかりと、頑張っているのが、土佐と越前であるのは間違いありません。色々なところに行ってみたいと思っています。
    • よっしー
    • 2018/02/16 7:50 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode