ウェブショップはこちら
0

    美術館 ] 大原美術館ー岡山県倉敷市


    JUGEMテーマ:美術館に行ってきました

     

    日本の美術館で一度は行ってみたいと思っていた美術館の一つが倉敷市の大原美術館。

    その為だけに、関東から行くのは遠いので、なかなか実現しなかったですが、

    今回、広島旅行の帰りに寄ることができました。

     

    大原美術館は、1930年に開館した日本で初の近代美術、西洋美術の美術館です。

    それが、倉敷という町にできたのも驚愕。

    倉敷紡績という繊維産業の雄を統括していた大原孫三郎が創設した美術館です。

     

    倉敷市の駅に近い美観地区の中核をなし、本館、分館、東洋館、工芸館、

    さらに、距離的に少し離れた倉敷アイビースクエアには、児島虎次郎記念館があります。

     

    にっぽん折り紙、倉敷の美観地区
     画像は、「にっぽん折り紙」に描かれた倉敷市の美観地区。
    「にっぽん折り紙」の販売ページはこちらからどうぞ。
    http://www.doyoulikewashi.com/?pid=114708941

     

     

    その児島虎次郎こそが、大原孫三郎の意を受けて、ヨーロッパから大量の美術品を買い付けたものです。

    収蔵品は、絵画では、エルグレコの受胎告知、モネの睡蓮をはじめ、マティス、ルノワール、ゴーギャン、

    ピカソ、モディリアーニ、などなどの西洋美術、

    関根正二、岸田劉生、そして、児島虎次郎各氏らの日本画家。

    工芸では、富本健吉、河合寛次郎、棟方志功、、、

    東洋館には、北魏時代のもの、古代エジプトの彫像など、一日では見切れないものです。

    一緒に行った友人は、フロアいっぱいに展示されている富本健吉の作品に興奮状態。

     

     

     

    児島虎次郎の朝顔

     

     

    色々な絵画を見ていく中で、今回、びっくりするほど気に入ったのが、

    この児島虎次郎の「朝顔」。

    あんまり気に入ってしまったので、

    ミュージアムショップで2018年のカレンダーを買ってしまった。それが、これです。

    画像は、カレンダーを写したもので、やや暗い感じがしますが、

    実際は、もっと明るく、夏の朝の光が溢れています。

     

    日本人の心の琴線に触れるこの情景。

    ちょっと透けて見える浴衣姿の女性と、

    日本の夏の花の朝顔に水を遣るその女性がちょっと背伸びしている、

    日本女性の美のとでもいうのでしょうか。

    この絵だけでも、見に行く価値がありです。

    美術館でも、今月の一枚として、展示してありました。


    児島虎次郎の朝顔

     

     

     

     


    コメント

    岡山市北区に位置する岡山商科大学は、世界の政治・経済を視野に入れて時代の流れを読み、教育を改善し、地域に貢献する人材の育成に努めた結果、就職率がなんと 97.5% と 入りやすくて就職に強く 、地域から信頼される教育機関を目指しています。 産学官連携活動を通して 斬新な発想力 で地域の活性化に貢献しております。 大学選びは今後の人生を大きく左右します。 学部・学科毎にコース制度がある岡山商科大学は 面倒見が良くて親切 なので、入って良かったと言えます!
    コメントありがとうございます。岡山県、応援しています。
    • よっしー
    • 2018/09/24 12:04 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode