ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 石山寺と源氏物語


    石山寺は、滋賀県大津市にあります。
    ここは、あの紫式部が、源氏物語を書いたところで知られています。
    今回、美濃・京都の旅の最後に、石山寺に立ち寄りました。
    ここは、とにかく素晴らしいお寺だということです。
    京都のお寺にはなくなってきている風情や静かさがあります。

     
    紫式部が源氏物語を書くことをできたのは、
    もちろん和紙というものが存在していたからです。
    そして、その後、室町、江戸と時代をとおして、先人たちは
    源氏物語絵巻を創作していきました。
    そう、それも和紙があったからこそ。
    そして、和紙だったからこそ、今も残っているのです。

    滋賀県石山寺の参道

    石山寺は、入り口は平坦な参道があり、
    そこには、54歩で読む源氏物語を置いてある部屋があったりします。

    石山寺54歩で源氏物語

    そして、突然、急な階段があります。


    ここを避けてちょっと遠回りになりますが、寺の一番上に行く道もあります。
    この階段を上ったところの更に少し上に本堂があります。

    急というのは、この階段だけです。後は、その本堂に上る階段だけでしょうか。 
     
    そのあとは、だらだらとモミジやサツキの植え込みの道を上がっていくと、

     一番上に、石山寺豊浄殿があります。

    石山寺豊浄殿
    ここは、現在、紫式部の「ほとけの誓ひおもきいしやま」
    という展示会をやっています。
    残念ながら、写真は写せませんでしたが、
    紫式部の書いた大般若経も展示していますし、
    各種の屏風や、絵巻など興味深いものを見ることができます。
     
    和紙や屏風に絵を描いた人、お経や書を書いた人たち、
    そしてもちろん、紫式部は、1000年後に自分の書いた小説が、
    こんなにも、繋がっていくことを予期していたのでしょうか?
    そんなことを考える時間の静謐さが、
    この石山寺にはあるような気がします。 
     
    興味のある方は、是非一度、訪れてみては如何でしょう。
    滋賀県にあるお寺は、三井寺といい、この石山寺といい、
    平安時代と遭遇できるお寺があります。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    latest entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode