ウェブショップはこちら
1

インタビュー ] 「セザンヌと鉄斎」 山岸恒雄


 

 

山岸氏は、ある大手の電機会社の外国為替に長年携わってこられた方である。その山岸氏が本を出版された。本の名前は、「セザンヌと鉄斎」である。どういう経緯を経て、大手メーカーの外国為替部の統括という外為市場の最先端の要職を勤めておられた方が、美術関係の書籍、それも相当の専門性の高い本を執筆されたのか、実に興味深い。今回、大阪を訪れて、その話を詳しく伺った。海外赴任をされていた時や国内でも時間を見つけて、美術館巡りをされていたそうである。その山岸氏、現在、70歳にならんとしておられる。57歳までは、会社勤めをしていた方である。退職後、美術大学の大学院で勉強され、指導していただいた教授に、研究成果を本にするように勧められたそうだ。退職を契機に、それまでの人生と全く違った方向に進まれている。現在は、自ら筆を執って絵を描かれている。今年の四月には、グループ展も開かれると伺った。山岸氏の生き方や、この本は、これからの退職後の人生を考える人の生き方の指針となるのではないかと思う。

 

セザンヌと鉄斎 山岸恒雄

 

ところで、セザンヌも鉄斎も名前は聞いたことがあるが、詳しくは知らないという人が多いのではないだろうか?実際、山岸氏とお会いするまで、筆者も、全くといっていいほど、この二人についての知識は無かった。

 

そこで、簡単に説明というわけにはいかないのだが、どんな芸術家だったかを、簡単に要約してみる。

 

セザンヌは、1839年、フランスのエクスという町で産まれた。一般的な説明としては、印象派の画家といわれているが、どうも、単純にはそうではないようである。そして、1906年に67歳で亡くなる。山岸氏の本によれば、「セザンヌは大都会パリに馴染めず、心は常にプロヴァンスの自然と強く結びついていた。」山岸氏は、セザンヌの19歳の時から亡くなるまでの236通の手紙と、セザンヌが友人たちから受け取った手紙や、友人同士の書簡の98通で、今回の研究に重要と思われるものは、原語で読み研究されたそうだ。その中では、ゾラへの書簡が82通と多いのだが、後年、彼とは、絶交する。そのセザンヌの変化なども、学術研究の本というよりも、普通に、読み物としても面白い本である。山岸氏は、すべての手紙を精読されて、その中からセザンヌが抱いていた自然観の変化を読み解いていく。

 

セザンヌの自然観が東洋的であるというのは、山中で瞑想、画筆を執る前に一時間も瞑想することがあったという。その事をガスケに問われた時のセザンヌの返事は、文明人としての自らを覆っている「容易なもの」を打ち壊して、無邪気、無知に戻らなくてはと説明している。山岸氏は、セザンヌのような自然観が西洋にあっては極めて珍しいということは、それが、ゾラにも、ベルナールにも全く理解されなかったという事実がある程度照明していると、結論づけておられる。

 

一方、富岡鉄斎は、1836年から1924年にわたって生存・活躍している。鉄斎はセザンヌと正反対に、官に認められて活動している。京都に生まれて、育ち、没している。ちなみに、京都中京区にあるいくつかの店(菓子屋、本屋など)の看板は、鉄斎が描いたものとのこと。特徴がある書体なので、寺町を散策する機会があったら、ぜひ、鑑賞されるのも楽しいと思う。京都では、鉄斎は熱烈に支持されていたそうだ。また、宝塚には、鉄斎美術館がある。

 

山岸氏は、セザンヌと鉄斎に接点は無かったという。ただ、その同質性については、以前より指摘はあったので、それを、博士論文の研究テーマにされたという。同質性かどうか、分からないが、本の表紙や、中に出てくる作品を眺めてみると、なるほど似ているところがある。

 

「セザンヌと鉄斎」の口絵より、ポール・セザンヌ『ビペミュスから見たサント・ヴィクトワール山

 

 「セザンヌと鉄斎」の口絵より、富岡鉄斎『夏景山水図』

 

山岸氏の著書の中には、セザンヌと鉄斎を比較するうえで、‘表顱↓⇔更圈↓3┐畔験悄思想の関係、ご嬰犬箸隆愀検↓ド景画の描き方、生業を考察しながら、この二人の巨匠を分析されている。それによると、反対の生き方や考え方をしているのだが、鉄斎は、「自分の一生には、ただ山を見る楽しみだけがある。」セザンヌは、「自然の事物が常に私に喜びをもってこれらを眺める機会を与えてくれる」ところに、共通点を見出している。

 

著作の中には、山岸氏の実際の模写や写真、そして、いくつものセザンヌと鉄斎の作品の写真が載せられて、それを見るだけでも面白い。実際、美術館を巡り、絵の描かれた場所を訪ね、そして、書簡を原語で読み、さらに、博士号まで取ってしまう。そして、現在は、絵を描いて楽しんでおられるという。こういう定年後の過ごし方にはびっくりさせられる。氏の話では、大学院では、教授と一対一の原語でセザンヌの手紙を読んだり、日本画の手ほどきを受けたりと、素晴らしいところだと感じたそうだ。よく、第二の人生の過ごし方などというが、実に、興味深い経験談であった。絵画に興味のある方、定年後になにをしようかと迷っておられる方には、ぜひ読んで頂きたい珠玉の名著である。

 

「セザンヌと鉄斎」同質の感動とその由縁

著者:山岸恒雄

思文閣出版

 

 


0

    美術館 ] MOA美術館―続編


     

    MOA美術館に行ってきた、先日の続きですが、

    こんな書がありました。

    いつか、こういうものが素晴らしいのだと、肌感覚で分かるようになりたいものです。

     

     

     

     


    0

      美術館 ] MOA美術館


       

      静岡県熱海市にあるMOA美術館は、一回は訪れたほうがいい。

      この美術館の宗教的な背景など気にしないでいい。

      実に、贅沢な美術館です。

      温泉街を歩くよりはるかに心に残ります。

      建築物としても面白いです。

      そしてここの素晴らしいのは、展示品の写真を撮ってよいこと。

       

      リニューアル3周年記念名品展 第1部 国宝「紅白梅図屏風」

      熱海は梅園でも有名ですが、この尾形光琳の梅は、300年の月日が経っているものです。

      紅白梅図屏風紅白梅図屏風紅白梅図屏風

       

      そして、国宝 色絵藤花文茶壺 野々村仁清 江戸時代 17世紀

      こちらは、ビデオで撮ってきました。

       

      お奨めの美術館です。


      0

        旅行 ] 上野を歩いてみよう。


         

         

        先日、玄潮会の書展で東京都立美術館に行ったことは記事に書きましたが、

        その時は、本当に、久しぶりに上野に行ったのです。

        高校生や学生だった頃には、時々、上野公園を歩いたものですが、

        上野は面白いですね。今度は、一度、ゆっくり人の少ない時に行ってみよう。

        東京国立博物館、近代美術館、科学博物館、面白いところでは

        下町風俗博物館。それに、パンダのいる動物園、さらに、時間があれば音楽会。

        とても一日では見きれないな。

         

        上野公園

        噴水のある中央の公園は、50年前から少しも変わっていない。

        東京都立美術館

        東京都立美術館の入り口。

         

        東京都立美術館

        東京都立美術館のロビーフロアに向かうエスカレターは途中平坦なところがあるのも不思議。

         

        上野公園のイラストは、こちらのサイトからどうぞ。

        http://www.ueno.or.jp/index3.htm


        0

          書道 ] 玄潮会書展ー2019


          JUGEMテーマ:書道

           

           

          久しぶりのブログ投稿です。1月は、インフルエンザ、ウィルス性胃腸炎を、夫婦の間で交換しているうちに瞬く間に過ぎてしまい、今月に入ると、咳喘息を例年のように発症して時間だけが過ぎていきました。さて、ブログの投稿を再開します。その第一弾として、きょう2月19日に、上野の東京都立美術館で開催されていた玄潮会の書展に行ってきました。

           

          玄潮会は、当ブログのインタビューで紹介させていただいた、永田灌櫻さん、金森朱音さんの二人が活動されていて、今回、金森さんが玄潮会賞を獲得されました。今日が、最終日の平日のお昼時ということもあって、ゆっくりと見ることができました。出展作品も450作品と多く、実に、見ごたえがありました。永田さん、金森さんのお二人に加えて、同人の小林さんも案内に入ってくださり、VIP待遇で、色々と説明を聞くことができたのは、実に、嬉しいことでした。まずは、下手な文章を書くより、展示作品のいくつかをご覧ください。

           

          玄潮会 2019

           

          玄潮会 2019

           

          玄潮会 2019

           

          玄潮会 2019

           

          永田灌櫻、玄潮会 2019

          (永田灌櫻先生の出品作:昨年の今頃に他界された亡き師桑山大道先生に捧げるとあります。)

           

          小林悦子、玄潮会 2019

          (小林悦子氏の作品は、西行の歌五首。”かな”は、山のように見えるよう、各行の始まりにアクセントがある。)

           

          金森朱音、玄潮会 2019

          (金森朱音さんが獲得された玄潮会賞は、”創造”)

          昨年の12月の金森さんのインタビュー記事は、こちらからどうぞ。

          http://www.doyoulikewashi.com/?mode=f1

           

          玄潮会 2019

           

          玄潮会 2019

          鑑賞後は、美術館内にあるMUSEという上野精養軒のレストランで、さらにゆっくりと話を聞くことができたのは、望外の幸せだった。


          0

            ENGLISH ] Interview with Akane Kanamori, young calligraphist.


            I interviewed Ms. Akane Kanamori in December.

            Here I would like to quickly introduce her to my English speaking visitors.

             

            Before writing a long introduction note, it will be quick for you to find who she is by showing her art works.

             

            Her art is specialized in Calligraphy if she has to be categorized.

            This red color written work is a "LIFE, or LIVE" in Kanji charcter.

            The below is a calligraphy textbook style "LIFE, or LIVE".

            Even you do not know the Kanji, you can feel that Akane's "LIFE" is more vivid.

            In the middle part is like a heart, and above two hands and a head is directing upwards strongly.

            And bottom is legs to support volcano like vividness of upper body.

             

            She is currently 27 years old teaching at one of highschool in Japan.

            She is a mother of 5 years old girl.

            She says she did not want to give up her career because of raising baby is busy.

            What she was explaing me was that sending baby to nursery school if the job is an artist.

            Of course it depends on the where she lives, but in general without family support

            it is very difficult to do "a mother", "a wife", "a teacher", and  "an artist" .

            In her case, she is a teacher, so she can send her baby to nursery school.

             

            Let me show you more of her works.

             

            金森朱音 「子」

            (a child)

             

            (LIFE: recent works, she used white ink on white campass to draw several hundred LIFE)

             

            金森朱音 「悲鳴」金森朱音 「生死」

            (Screaming (upside) and Live/Death, the above two is a combination works. ) She wrote this with anger after she visited Earthquake in Tohhoku region. People over there still were suffering, but people in Tokyo or other location of Japan were forgetting tradgey after two years. She had a dilemma that Calligraphy was staying away from the real world.

             

            金森朱音、「心」

            (Mind: This is one of her favorite works. In normal calligraphy touch, the letter of Mind (kokoro) is mild, stable, and roundish. But she wanted to express that Mind has many aspects, anger, irritation, anxiety, that is why she used angular touch to express mind.)

             

            If you are interested in more detailed Akane's interview, please look at the link below. I am happy to introduce her if you are interested in getting touch with her, please contac us.

             

            contact@doyoulikewashi.com

             

             

             

            http://blog.doyoulikewashi.com/?eid=165

            http://blog.doyoulikewashi.com/?eid=166

             

            金森朱音、Akane Kanamori

             

             

            金森朱音

            JUGEMテーマ:書道

             


            0

              ENGLISH ] "Life would be easier if you don't compare yourself with others."


              I visited a small buddism temple called Manju-In in Kyoto in December.

              I am not the buddist at the beginning of this article.

              I am not the religious person either, I must say.

              In fact, when I was an exchange student in Oregon, I was honored to be given baptized.

               

              The image of Buddism in Japan is so-called Funeral Religion in a big aspect.

              Most of people in Japan celebrate Christmas as a commercial reason.

              Most of people in Japan visit shrine on the New Years Date to ask for Shinto God to support for full year.

              But, majority of people will use Buddiism Ceremonies for funeral.

              Monks come to funeral to give prayers.

               

              Visiting temple as a tourist is nothing to do with these religious background.

              We are visiting those temples to feel histories, as some of them are 1200 years old.



              My wife and I enjoyed visiting this Manju-in Temple.

              It was so quiet, and fortunately no tourists were there.

              While we were walking through the hallway, happned to find the unique calendar.

              It was 30 pages calendar and each page contains the advice of Buddist monk.

              So, everyday you need to turn each page to see these advice.

              At the bottom of each page English translation is posted.

              It might be a gateway for some foreign visitors to understand the content of Buddism.

               

               

               

               

               

               

              Advice are those Mr. Ara, who used to be the top of Hierchy in Hawaii, Tendai-Shu.

               

              JUGEMテーマ:日記・一般


              0

                宗教 ] 「人間が作っている世の中だから、人間が耐えられない苦しみがある筈がない。」


                去年の12月もクリスマス少し前に京都に行った。

                その時に、曼珠院を訪れた時に、

                全く宗教心の無い自分だけれど、廊下に飾ってあった

                「毎日毎日 心の日めくり」というものが気に入って買ってしまった。

                仏教の言葉というか説教などきいたこともなく生きてきたし、

                ある意味、仏教というものを体質的に拒否してきた。

                ただ、京都や鎌倉でお寺を訪ねるのは嫌いではなかった。

                 

                ここに出てくる羅漢さんというのは、調べてみると、

                サンスクリット語で、煩悩を克服した供養と尊敬を受ける人のことらしい。

                 

                この日めくりというのは、30日、毎日替えるその日のアドバイスみたいなものが

                縦30センチ、横10センチぐらいの紙に書いてある。

                 

                当日飾っていたのは、

                 

                正直にいって、宗教というのは好きになれないところがある。

                宗教というもののために何千万人の人が戦争に駆り出されてきたのが人間の歴史だから。

                ただ、一方で、宗教によって救われてきた人がもっといただろうというのも事実。

                自分が宗教を嫌いなのは、葬儀に密接に関連するところからの怖さがあるせいかもしれない。

                 

                ただ、この日めくりに書いてある言葉は、

                30日分読んでみたが、なるほどねと納得する言葉が多い。

                時々、紹介させてもらおうかなと思う。

                ちなみに、この日めくりを作られた方は「荒 了寛」という国際的な方である。

                 

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 


                0

                  ENGLISH ] Launched a new Kanji Learning Course at UDEMY (internet learning course)


                  I belong to the team called Team YKY, which is a Udemy teaching group for Japanese Kanji and Calligraphy Course. We launched the new program on Dec. 31st. Now we have over 750 newly registered students. UDEMY is an internet based learning course for various matters. Our course is targetting two group of student: Students who want to learn 100 Kanji in 60 days for pronunciation, translation, and writing. Students who want to learn Japanese Calligraphy basic for Technical, Artistic, and broad knowledge of Kanji, this course will be a terrific program. If you are interested in learning Kanji through Udemy, our course is curently offered at free. Please take a look and join our course.

                   

                  https://www.udemy.com/kanji_shodo/learn/v4/overview

                   

                  Instructor is Kan-Oh, Nagata who was awarded the top at General Pubic Division of Mainichi Shodo Exhibition in 2017 at the age of 30. Mainich Shodo Exhibition is the highest ranked Calligraphy Competition in Japan. More than 30,000 participation, and just about 200 were awarded for top Mainichi Prize, the highest ranked. It is a rare opportunity for a student who likes to learn Kanji and Calligraphy to get this kind of high ranked instructor.

                   

                  I, Yoshi,  do the English translation and Yukko does the IT & Camera. Team YKY name come from, Yukko, Kan-Oh, and Yoshi. Please take a look, and hopefully we will see you in the course.

                   

                  This is our UDEMY site.

                   

                  https://www.udemy.com/kanji_shodo/learn/v4/overview

                   

                  FIVE is like this. Every Kanji we teach you shows stroke orders.

                   


                  0

                    インタビュー ] 書家「金森朱音」は、一文字の詩人ーインタビュー後編


                    JUGEMテーマ:書道

                     

                    「前編の最後に、出産をしてから、作風が変わってきたところがあると話されましたけれど、そこのところをもう少し詳しく話していただけますか?」

                     

                    出産を経験する前の私の書には、ネガティブなものが多かったと話しましたが、それは社会に対しての反発や怒りがあったと思います。それを書で表現することで、自分の心のバランスを取っていたのだと感じています。

                    金森朱音

                    (Photo by Ayumi Yamazaki)

                     

                    更に、テーマの中心は「破壊」でした。跳びはねるような雰囲気で、筆もたたきつけるように書いていました。色彩的には、黒と赤が軸になっていました。今も、その反発心は失っていないのですが、破壊に対して創造に目が向いてきています。それは破壊と対になっている、アンサーソングのような感覚で、表現方法も柔らかくなってきた気がします。以前は白という色はあまり受け付けなかったのですが、今は白色のイメージも増えてきています。

                     

                    この作品を見てください。

                    「生きる」(Photo by Ayumi Yamazaki)

                     

                    これは、「生」という字を数えきれないほど重ねて書いてあります。目に見えるものが全てではなく、視界からの情報だけにとらわれずに、指先から感じ、頭の中で想像するのと違ったものが見えるかもしれないということを伝えたかったので、あえて白いキャンバスに白い塗料で書いてあります。ひたすらに「生」という字を重ねて、盛り上がったり尖ったりしている部分に実際に触れて欲しかったので、手を入れて撮影しました。

                     

                    この作品を書く数週間前に、祖父が亡くなりました。祖父の死を受け入れずにいた私を救ったのがこの作品です。キャンバスに吐き出すことで、自分の感情と向き合うことできました。私にとって表現することは、生きる希望なのだと強く感じています。

                     

                    「生きる」の拡大写真 (Photo by Ayumi Yamazaki)

                     

                    私の書は、一般的な書とは違うかもしれません。「私にしか書けないもの」を書いていきたいと思い制作していますが、私は書道が好きなので書家としての力もつけていきたいと思い、一昨年初めて毎日書道展に出品しました。これは私にとって一つの挑戦でした。やはり、書壇からは認められないのではないか、私の技量はその域に達していないと判断されるのではないかと不安でした。出産後に創作活動を再開し、自分の中での再起という意味で、「起」という字を選びました。初めての公募展への出品でしたが、幸い佳作賞をいただくことができました。

                    金森朱音「起」

                    「起」  (photo by Ayumi Yamazaki

                     

                    女性のアーティストは、結婚・出産という活動が止まってしまう時間があるのが悩むところです。さらに、育児という時間的な制約もあります。ですから結婚・出産を選択して、アーティストとしてのキャリアを諦めるか、なんとか両立させるかになります。

                    両立させる場合、家族の協力はもちろんのこと、社会の協力が欲しいですね。子育て支援についていえば、保育園の入園要件は、就労日数や就労時間が地域によって決められていて、現在は待機児童が多い為、職業がアーティストだけでは預かってもらうことはかなり難しいです。私の場合は、非常勤講師もしているので預かってもらうことができています。さらに家族や主人の両親も協力してくれているのでとても助かっています。

                     

                     

                     

                    現在、教員、主婦、母という三役をこなして、娘を寝かしつけた後、夜の11時過ぎから創作活動を始め、気が付くと夜中の2時頃ということがよくあります。自分のやりたい事なので苦ではないですが、一日の終わりに制作を開始するいうのは、モチベーションを持ち続けることが難しいです。学生時代より、制作時間はかなり減ってしまいましたが、書くことができない時間に頭の中で構想を練り、限られた時間の中で作品を作り上げる力が少しずつついてきたかなと思います。

                     

                    後輩たちにアドバイス

                    自分の夢や、やりたいことを見つけてほしいです。自分はどうなりたいのか?その為にはどうするべきなのかを考えることが大切だと思っています。高校生や今の若い世代の人たちは、何においても「なんとなく」でやり過ごしている人が多い気がします。勿体ないです。

                    私は高校生の頃、井上有一という作家に出会い、人生が変わりました。井上有一の作品には社会に対してのメッセージがあり、このような表現方法もあるのかと衝撃的でした。そこから私も表現者として書くべきものを書いていこうと決めました。この思いは今でも私の芯となっています。これからも「私にしか書けないもの」を目指し、日々表現していきたいです。

                     

                    井上有一:書家。19歳で公立小学校に奉職。定年まで教師をしながら、創造的な書作品に取り組んだ。絵画の領域に踏み込んだ作品で、国際舞台で活躍。没後も国内7つの美術館を巡回する回顧展が行われ、書の母国である中国の美術館が相次いで大個展を開催する。(https://intojapanwaraku.com/art/20170711/16638

                     

                     

                     

                     

                    インタビューアーの独り言

                     

                    私が金森さんにお会いしたのは、201811月に小田原のお堀端画廊で開催されていた永田灌櫻さんの書展だった。以前から、永田さんは、金森さんの話をして、一度インタビューされては如何ですか?と話されていた。

                     

                    実際、お会いして感じたのは、金森さんの作品は、一文字の詩。金森さんは一文字の詩人のような気がしたのです。例えば、この「子」という作品をご覧ください。この子という字には、母としての慈しみというようなものを感じます。実に、優しい筆使いだと思います。丸っこさが、まるで赤ちゃんの手のくびれのような雰囲気。子供には、角が無いという気持ちをこの一文字で表しています。この字は、楷書でも行書でもない。全く、お高くとまっていない、しかし、心に響くものがあるのです。

                     金森朱音 「子」

                    「子」(Photo by Ayumi Yamazaki)

                     

                    インタビューの中で触れられていた「アーティスト専業の親の子は、保育園に入園する場合、認可が下りるのが難しく、ハードルが高い」という話も、大変気になります。現在の、日本の状況、社会の子育てに対する非寛容さ、アーティストや芸術を軽視している日本の政治行政の民度の低さを嘆くしかないのでしょうか? 声を大にして、変革を求めたいと思うのですが、如何でしょうか?

                     

                    そして、何よりも、今回紹介した金森さんの作品群。魂を揺さぶられるような「3.11悲鳴-3.11生死」。一人の書家として、書壇にはあまり見られない社会への訴えかけは、いつか必ず、日本に世界に受け入れられていくのではないだろうか。

                     


                    top << | 1 2 3 4 5 6 | >> last

                    calendar

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    25262728293031
                    << August 2019 >>

                    latest entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode