ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 京都で天ぷら食べたよ


     

    JUGEMテーマ:京都

     

     

    旅先では、ハプニングが起こるものですが、、、

     

    実は、昨年の暮といっても、10日ほど前のことですが、

    予約を入れておいた京都の八坂の天ぷら屋さんに、車で向かっていました。

    場所がよく分からないので、お店に電話して聞こうということになり、

    ささっとGOOGLEで、京都の天ぷら屋さんと検索をしてみると、

    行こうとしていたお店の広告が出ていたので、

    連れが、電話。

    「祇園の花見小路通りの建仁寺のそばです。」

     

    この花見小路通りというのが、実に、インターナショナルの町になっていて、

    外国人が溢れている。近くの駐車場に車を止めて歩きはじめるけれど、

    目指すお店がない。しょうがないので、もう一度お店に電話。

    すると、何と、お店の人が通りまで迎えにきてくれた。

    しかし、話を聞いていると、予約していたお店と違うのです。

    どうやら、電話をするときにこちらが間違えたらしい。

    ま、しかし、これも何かの縁。

     

    それで、迎えに出てくれたこのお店の人に連れられて入ったのが、

    「天宗」という実に素敵なお店。

     

    だいたい、祇園辺りの食べるところって、実に入りづらいのです。

    馴染みがなければ、断られそうで。

    でも今回は、お店の人の勘違いというより、こちらの間違い。

    席が空いているかどうか心配になりましたが、

    ちょうど、前のお客さんが出るところ。

     

    ランチは、3000円か5000円のコースでしたが、

    ここは、奮発して5000円コース。

     

    一品ずつ出してくれます。

     

    目の前で揚げてくれて、この値段なら悪くないし、

    揚げ方も素晴らしい。

    聞かなかったけれど、油も良いのでしょう。

    実に、満足。

    エビの軽い仕上がり。

    ブリは、大根おろしに大葉を刻んだのでタレはかけてくれます。

     

    お店の雰囲気もよく、

    カウンター席はちょうどいっぱい。

     

    間違えて電話して良かったです。

     


    0

      季節の話 ] イノシシの箸入れ


       

      あけましておめでとうございます。

      あたらしい年が皆さまにとってより良き年になりますように。

      今年の干支はイノシシ。

      箸入れにイノシシをあしらったものを買ってきました。

      このイノシシの表情が可愛い。

      何か良いことが起こりそうな気持ちになってきます。

       

      プレートの方は、十二支がぐるりと回りをめぐっているもの。


      日本のお正月は、花火を打ち上げてのカウントダウンで賑わうものではなく、

      もっとスピリチュアルなものを感じさせてくれますよね。

      そんなことを感じながら除夜の鐘をうとうと聞きながら年が明けた2019年。

      今年はどんな年になるのでしょう!

       


      0

        京都 ] 護王神社は足腰の守り


        JUGEMテーマ:京都

         

         

        京都の烏丸通で、丸太町通から今出川通までの間に、

        護王神社というのがある。

        和気清麻呂にゆかりの神社だという。

         

        拝殿の前には、狛犬の代わりに雌雄一対のイノシシがあり、

        来年の干支がイノシシであり、神社側も気合が入っているように思う。

        烏丸通から入ってきた正面には、イノシシの開運の大きな絵馬が飾ってある。

         

         

        また、清麻呂公の像の後ろには、君が代に歌われているさざれ石がある。

         

        この護王神社の特徴のもう一つは、毎月21日に足腰祭を斉行している。

        管理人一家は、本人がぎっくり腰の発作を産まれて初めて経験。

        そして、女房殿は、転倒から腰を強打しての坐骨神経痛を発生するなど、

        足腰の健康の大切さを痛感した一年だった。

        お守りを買って、足腰安全を祈願させていただいた。

         

        イノシシが守り神ということもあって、

        何かユーモラスな神社で、思わず、笑みが浮かんでしまう神社だ。

        足腰の弱い人にも大丈夫なように、

        坂はなく、広さもなく、すべてが凝縮されている神社だ。

         

         


        0

          きょうと折り紙 ] 平成最後の年末は強烈寒波に注意


          早いもので12月も残すところ数日に差し掛かってきました。

           

          天気予報によると、仕事納めの今日(12月28日)から、数年に一度の強烈寒波が襲ってくるとの予報が先週から出ています。

           

          いまのところ、日本海側だけではなく28日〜29日にかけて西日本〜東海の平地でも積雪の恐れがあるそうです。

           

           

          きょうと折り紙】には、雪化粧をした金閣寺の一枚も含まれています♪

          きょうと折り紙:金閣寺)

          雪の中にたたずむ金閣寺が美しい一枚です。

           

          金閣寺では、3分おきにライブカメラ画像を公開しています。

           

          金閣寺を訪れる前に、雪化粧など現地の状態がチェックできます。

           

          ★金閣寺ライブカメラhttp://www.shokoku-ji.jp/k_live.html

          (配信は5:00〜20:00)

           

           

          ちなみに28日(金)〜29日(土)にかけて京都、大阪の予想積雪量は、京都で5cm、大阪で1cmです。

           

          強烈寒波の後の年明けから寒さが和らいでくるそうなので、お正月は年末よりも過ごしやすくなるかもしれませんね。

           

          仕事納めから帰省をお考えになっている方は、最新の情報に注意して気をつけて帰省なさってください。

           

           

           

          きょうと折り紙

           

          京都の名所や歴史・文化など、四季が織り成す京都が折り紙になっている「きょうと折り紙」。詳細とお求めはこちらからどうぞ。

           

           

           

          JUGEMテーマ:京都


          0

            京都 ] 京都国際マンガミュージアムって?


            JUGEMテーマ:旅行

             

             

            京都にあるこのミュージアム、

            京都旅行するたびに気になって存在だったけれど、

            今回、初めて訪れてみた。

            びっくりしたのは、外国人の訪問者が多いこと。

            日本のマンガが世界をリードしているというのは知識としては分かっていたが、

            半数近くが外国人(アジアからだけではなく欧米人もほぼ同数)

             

            京都国際マンガミュージアム

             

            前は小学校だったか、中学校だったかの建物を有効活用した建物。

            京都国際マンガミュージアム

             

             

            戦前や、戦後直後のマンガも置いてあり、

            訪問者は、手に取って読むことができる。

            そう、これも京都。

            お寺や神社で歴史散歩をするもよし、

            祇園近くでグルメ旅行をしてもよし、

            そんな中、

            和紙や和雑貨の店を三条あたりでちらほらと覗いていくのも楽しい。

            こういう風に、古い環境の中に、新しいものを取り込んでいる京都という町は面白い。

            京都国際マンガミュージアム


            0

              にっぽん折り紙 ] 東京タワー60歳!


              12月23日に、東京タワーが還暦を迎えたそうです。

              高度経済成長中の1958年に誕生し、昭和と平成をそれぞれちょうど30年。

               

              正式な名称は「日本電波塔」、高さは333m。

               

              にっぽん折り紙】の東京都は、東京タワーとスカイツリーのデザインです♪

              にっぽん折り紙:13東京 二つのタワー)

              大都会がシンプルに可愛らしく表現されています。

               

              現在東京タワーでは、60周年を記念して様々なイベントや記念グッズ(記念メダル、ステラおばさんとのコラボクッキー、オリジナル御朱印帳、同じく60周年を迎えた名車SUBARU360との特別グッズ、などなど)が発売されているそうです。

               

              詳しくは下記東京タワーHPよりご確認ください。

              祝!開業60周年!記念グッズ&コラボ商品が目白押しです!

               

               

               

              東京タワーのライトアップには2種類あるそうです。

               

              定番の「ランドマークライト」と、土曜日の夜間2時間だけ点灯される「ダイヤモンドヴェール」。

               

              こちらより、どちらのライトアップが見られるか確認できます。

               

               

              煌びやかなイルミネーションも良いですが、東京の成長を見続け還暦を迎えた東京タワーのライトアップを見にお出かけしてみてはいかがでしょう?

               

               

              にっぽん折り紙

               

              47都道府県をデザインした可愛い折り紙です。内容は47都道府県と富士山の折り紙。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?詳細とお求めはこちら

               

               

              JUGEMテーマ:イベント情報


              0

                京都 ] 曼珠院(まんじゅいん)


                JUGEMテーマ:京都

                 

                 

                詩仙堂から歩いて15-20分ぐらいのところにある曼珠院。

                入り口からは考えられない素敵な建築である。

                 

                 

                詩仙堂の庭や建物が小ぶりなのに比べると、

                こちらは、より広い。

                どちらが好きかは、人それぞれ。

                外国からの賓客や皇族などもよく訪れていた。

                天台宗の寺院である。部屋の中に、

                国宝や仏像などが数多く飾ってある。

                 

                また、足利尊氏の書簡をはじめ、興味深いものが展示されている。

                 

                詩仙堂とセットにしても良し、

                修学院の見学を申し込んで、この一乗寺あたりを散策するもよし。

                楽しい歴史散歩ができるところである。

                 


                0

                  角皿(ご当地) ] あなたの地域のおせち料理は?


                  そろそろ来年のお正月準備を本格的に始めるころになってきましたね。

                  鏡餅やお飾りに、なんと言っても日本のお正月にはおせち料理がかかせませんね。

                   

                  おせち料理は、一年の始まりを祝う特別な料理です。

                   

                  和紙はお好き?では、お正月にぴったりな【和紙の箸置き】もございます。

                  素敵な箸置きでさらにお正月を華やかに演出してみませんか。

                   

                   

                  そんなおせち料理も、近頃はお取り寄せやなんとコンビニでも買える時代になりました。

                   

                  昔のような大晦日の忙しさが軽減されています・・・時代と共に段々と簡素化しているのでしょう。

                   

                  ところで、おせち料理は地域によって中身が違うことをご存知でしょうか?

                   

                  熊本では郷土料理の辛子蓮根をおせちに入れるそうですよ。

                   

                  角皿(ご当地)】の熊本県のデザインは辛子蓮根♪

                  角皿(ご当地):熊本 からし蓮根)

                  辛子蓮根が可愛らしくデザインされています。

                   

                  辛子蓮根は、茹でた蓮根の穴にからし味噌を詰めた後、衣をつけて油で揚げた料理で熊本県の郷土料理です。

                   

                  ふくとく「からし蓮根の歴史・由来」によると、からし蓮根が作られたのは今から370余年前、病弱のため食が進まない熊本藩主 細川忠利を見かねた和尚が考案したそうです。

                   

                  辛子蓮根を常食した藩主は、その後身体が丈夫になったとか。

                   

                  レンコンは食物繊維、ビタミンCが豊富で、そしてオクラや納豆などと同じネバネバ食材の一つ。

                   

                  このネバネバ成分は胃の粘膜を保護する働きがあるため、弱った胃の粘膜が補強され胃炎にかかりにくくなるそうです。(「お殿様の体を丈夫にしてくれた「辛子蓮根」の気になる5つの効能」より)

                   

                  また辛子蓮根の魅力である、辛子には食欲増進効果が。

                   

                  忘年会・新年会で疲れている胃に、はたまた食欲が無い時には、辛子蓮根でいたわってみてはいかがでしょう。

                   

                   

                  角皿(ご当地)

                  47都道府県をデザインした可愛い折り紙「にっぽん折り紙」が角皿になりました!47都道府県と富士山柄。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?角皿は撥水加工を施した紙のお皿です。5点以上お求めの方には20%割引とさせていただく“まとめ買い対応商品”です!詳細とお求めはこちらより。

                   

                   

                   

                   

                   


                  0

                    京都 ] 詩仙堂の朝のひと時


                    JUGEMテーマ:京都

                     

                    京都の左京区、東側の一乗寺や修学院に近いところにある寺。

                    1641年に石川丈山という徳川家の家臣が建てた山荘であった。

                    そして、現在は、丈山寺という曹洞宗の寺である。

                    詩仙堂入り口

                     

                    朝、陽が出てしばらくしてから訪れた。

                    幸い、訪れた人はまだ誰もおらず、静かな空間と雰囲気、そして、書や宝物を

                    完全に独占することができた。

                    詩仙堂

                    庭の奥からは、鹿威しの硬い音が時々響いてくる。

                     

                    庭木には、露が凍らずに垂れていて、雨樋からは水蒸気が昇ってくる。

                     

                    自分たちが訪れたのは午前9時過ぎだったが、

                    真冬ということもあって、人がいなかった。

                    秋には相当混雑もするらしい。

                    紅葉の美しさは想像するよりほかはないが、

                    混雑したところを見た人には、今日の静けさは想像できないのでは。


                    0

                      京都 ] 京都の洋食ならやはり「はふう」


                      JUGEMテーマ:京都

                       

                      今回は、「はふう」の聖護院近くの店に行った。

                      基本的な料理は同じとのこと。

                      本店が水曜日は休みだが、聖護院店は水曜日はやっている。

                       

                      はふう

                       

                      はふうには、京都に来るたびに行ってみるが、

                      オーダーするのは、いつも

                      ビーフカツか、タンシチュウ。

                      今回は、タンシチュウ。

                      はふう

                       

                      ちょっと上品すぎるのがたまにきずだけれど。

                      お勧めです。

                       

                      http://hafuu.com/store_shogoin.html

                       


                      top << | 1 2 3 4 5 6 | >> last

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      latest entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode